ガイドラインに基づく 胎児心エコーテキスト スクリーニング編

    定価 4,840円(本体 4,400円+税10%)
    監修稲村昇
    近畿大学医学部小児科学教室/日本胎児心臓病学会理事長
    B5判・128頁
    ISBN978-4-7653-1680-4
    2016年07月 刊行
    【 在庫状況 】
    在庫有り

    電子書籍書店で購入

    購入数

    ガイドラインに基づいた胎児心エコーのスクリーニングの撮り方が必ずわかる。豊富な写真とエコー動画で視覚的に理解できる!

    内容紹介

    先天性心疾患を出生前に診断することで、出生後スムーズに新生児の管理・治療に移行し、児の予後の改善が可能となる。そのため、出生前診断の意義は非常に高い。胎児心エコー検査はその出生前診断の一つで、2006年に「胎児心エコー検査ガイドライン」が日本胎児心臓病研究会から公示、2010年には保険収載され、その重要性に対する認識が年々高まってきている。
    本書は、そのガイドラインに即したスタンダードな内容で、学会が推奨する検査方法を読者が確実に理解・マスターできるよう、写真を豊富に掲載し、わかりやすく解説している。また、ガイドラインでは見られない、エコー動画を提供することで、さらなる理解を深めることができるよう工夫している。

    序文

    目次

    胎児心エコーを撮る前に
    A 心エコー装置の初期設定
    1 断層像の調整
    2 超音波装置の機能
    3 カラー機能
    B レベルⅠ(胎児心臓スクリーニング)
    1 撮り方
    2 基本断面の観察ポイント
    3 基本断面の異常
    C three vessel viewの異常
    1 正常な断面の出し方
    2 three vessel view の異常
    D 胎児不整脈
    1 Mモード法による不整脈の記録方法
    2 期外収縮
    3 胎児徐脈
    4 胎児頻脈性不整脈
    E 胎児心エコーに必要な基礎知識
    1 胎児循環と新生児循環
    2 先天性心疾患の発生頻度
    3 胎児心臓スクリーニング
    4 ハイリスク妊娠
    G 検査手順
    H 報告書の作成

    執筆者一覧

    ●執筆者一覧
    監修 稲村  昇 近畿大学医学部小児科学教室

    ●推薦
    日本胎児心臓病学会

    ●執筆(五十音順)
    稲村  昇 近畿大学医学部小児科学教室
    金川 武司 大阪府立母子保健総合医療センター産科
    河津由紀子 市立豊中病院小児科
    渋谷 和彦 東京都立小児総合医療センター循環器科
    瀧聞 浄宏 長野県立こども病院循環器小児科
    堀米 仁志 筑波大学医学医療系小児科
    前野 泰樹 久留米大学医学部小児科
    村上  卓 茨城県立こども病院小児循環器科

    トピックス