心エコーハンドブック

冠動脈疾患

    定価 4,620円(本体 4,200円+税10%)
    編集竹中克
    日本大学板橋病院循環器内科/東京大学医学部附属病院検査部
    戸出浩之
    群馬県立心臓血管センター技術部
    B5判・155頁
    ISBN978-4-7653-1614-9
    2014年08月 刊行
    【 在庫状況 】
    在庫有り

    電子書籍書店で購入

    購入数

    冠動脈疾患を心エコーでどう診るか? そのために必要な知識がこの1冊に

    内容紹介

    ・負荷心エコーやスペックルトラッキング法・心電図など各種のアプローチ法についても詳述
    ・冠動脈の走行と支配領域をわかりやすく表現した綴じ込み付録つき
    ・本書に掲載した図に対応・関連した動画をウェブで見られる!
    心エコーハンドブックシリーズの今巻では、冠動脈疾患(狭心症、心筋梗塞)を取り上げた。心エコーで冠動脈の全体像を把握することはできないが、各種のアプローチ方法や新技術により、冠動脈疾患においても他の心疾患と同様に心エコーは絶対に欠くことのできない検査法である。

    本巻ではシリーズの他の巻とは項目立てを変え、本疾患の検査・診断に特徴的な方法の解説を中心に記述を進めている。検査技師にとっては馴染みの薄い外科治療についてもトピックスの形で掲載した。
    さらに、冠動脈の走行と支配領域を把握することが本疾患の理解には重要であるため、冠動脈CT・造影写真・心エコー図・シェーマを組み合わせた綴じ込み付録を付けた。また、先天性心疾患に引き続き、ウェブで動画(約70本)を閲覧できるようにしている。

    序文

    目次

    1 冠動脈疾患の病態生理
    別府慎太郎 大阪みなと中央病院内科
    山元博義 大阪みなと中央病院内科
    2 壁運動評価:壁運動異常と責任冠動脈
    岩倉克臣 桜橋渡辺病院循環器内科
    3 心筋梗塞の合併症
    中島英樹 筑波大学附属病院検査部
    4 運動負荷心エコー
    平野 豊 近畿大学医学部附属病院中央臨床検査部
    5 薬剤負荷心エコー
    竹内正明 産業医科大学循環器内科・腎臓内科
    永田泰史 産業医科大学循環器内科・腎臓内科
    6 スペックルトラッキング法の応用
    石津 智子 筑波大学医学医療系臨床検査医学
    7 冠動脈エコー
    穂積健之 大阪市立大学大学院循環器内科
    8 冠動脈バイパス血管の評価
    水上尚子 鹿児島大学病院臨床技術部検査部門
    9 検査前に心電図を読む
    葉山恵津子 心臓血管研究所付属病院臨床検査室
    10 虚血性心疾患に対する外科治療
    田端 実 東京ベイ浦安市川医療センター心臓血管外科
    西川幸作 榊原記念病院心臓血管外科
    11 冠動脈インターベンションの実際
    明城正博 東京大学医学部附属病院循環器内科

    執筆者一覧

    トピックス