スマホ・PCで聴ける!一番最初に読みたいナースのための肺の聴診

    定価 3,080円(本体 2,800円+税10%)
    長坂行雄
    洛和会音羽病院呼吸器センター長
    A5判・96頁
    ISBN978-4-7653-1699-6
    2016年12月 刊行
    【 在庫状況 】
    在庫有り

    電子書籍書店で購入

    購入数

    内容紹介

    どうやって聴くの? どうして音が発生するの? どんな音があるの? 病気との関係は?
    肺の聴診をすることになったナースのために、音が出る・聴こえる仕組みから、疾患とのかかわり、胸部X線・CTなどの画像検査との関係、病態の評価への活かし方まで、肺音研究のエキスパートがやさしく丁寧に解説。典型的・代表的な音をスマホ・PCで聴くことができる! まずは、この本を読んで聴診を始めよう!
    chapter 1 聴診のしかた
    1 聴診器の選び方
    1.1 購入時のチェックポイント
    1.2 聴診器のメインテナンス
    2 聴診器の当て方と呼吸のコントロール
    2.1 聴診器の当て方
    2.2 聴診器の持ち方
    2.3 呼吸のコントロールのしかた
    3 聴診する部位
    3.1 ルーチンの聴診部位
    3.2 聴き落としてはならない音と部位
    chapter 2 肺音の分類
    1 呼吸音
    2 副雑音
    2.1 断続性ラ音
    2.2 連続性ラ音
    2.3 その他の音
    chapter 3 呼吸音はどのように発生するの?
    1 肺と気管支の構造
    2 呼吸音が発生する仕組み
    2.1 発生
    2.2 伝導
    3 呼吸音が変化する仕組み
    3.1 発生の観点から
    3.2 伝導の観点から
    chapter 4 肺音のいろいろ
    1 正常呼吸音
    1.1 肺胞音
    1.2 気管支音
    2 異常な呼吸音
    2.1 気管支音化
    2.2 呼吸音の減弱
    3 副雑音
    3.1 連続性ラ音
    3.1.1 ウィーズ
    3.1.2 ランブル
    3.2 断続性ラ音(クラックル)
    3.2.1 ファイン・クラックル
    3.2.2 コース・クラックル
    3.3 その他
    3.3.1 胸膜摩擦音
    3.3.2 ハマンズ・クランチ、ハマンズ・サイン
    3.3.3 握雪音
    chapter 5 疾患・病態と肺音
    1 肺炎
    2 間質性肺炎
    3 気管支喘息
    4 COPD
    5 人工呼吸管理の聴診
    5.1 気道分泌物の貯留
    5.2 肺炎の合併
    5.3 気胸
    chapter 6 肺機能と肺音
    1 閉塞性換気障害と肺音
    2 拘束性換気障害と肺音
    3 拡散障害と肺音
    chapter 7 胸部X線・CTと肺音
    1 肺野浸潤影と肺音
    2 肺門陰影と肺音
    3 びまん性陰影と肺音
    4 胸部X線異常のないとき
    一覧表:肺音と病態の関係

    序文

    目次

    執筆者一覧

    トピックス