運動器 Nursing Update ナースに役立つ整形外科とリハビリテーション

    定価 4,180円(本体 3,800円+税10%)
    編著平澤泰介
    京都府立医科大学名誉教授
    B5判・290頁
    ISBN978-4-7653-1604-0
    2014年04月 刊行
    【 在庫状況 】
    在庫有り
    購入数

    ナース必携!外来・病棟ですぐに役立つ整形外科看護!

    内容紹介

    整形外科の看護は救急外傷から慢性疾患まで変化に富み、また広い年齢層にわたる。本書は、これらの幅広い医療知識・看護技術に最新の診断法・治療法を加え、医療がスムーズに遂行されるために必要な看護の知識を多数の図を用いて解説。幅広い整形外科看護領域をコンパクトにまとめた。また、従来の整形外科看護の書籍に比べ、リハビリテーションの領域を特に強化。外来・病棟ですぐに役立つ内容を目指して編集した。昨今のトピックでもあるチーム医療におけるナースの役割についても詳述。医療と看護の動向とともに、看護に向かう者のあるべき心得も記した。機械化、コンピュータ化へと進む世の中にあっても、医療の中では看護師の「温かい心」が最も大切な基本である。本書が日常の看護業務を行うための知識の一助として役立つだろう。

    序文

    目次

    Ⅰ.看護総論
    A.医療と看護の動向
    B.看護の目的と役割
    C.運動器の特徴と看護
    Ⅱ.運動器の機能と解剖
    A.肩甲帯、肩関節、上腕
    B.肘関節、前腕、手関節・手
    C.脊柱、胸郭、腹部
    D.骨盤、股関節、大腿、下腿
    Ⅲ.主要な疾患
    A.外傷患者の初期治療
    B.上肢の外傷と疾患
    C.体幹および脊髄の外傷と疾患
    D.下肢の外傷と疾患
    E.関節リウマチ
    F.骨粗鬆症
    G.骨軟部腫瘍
    H.代表的な系統疾患
    Ⅳ.検査と看護
    Ⅴ.治療と看護
    A.保存療法と看護
    B.手術療法と看護
    C.感染と看護
    D.薬物療法を受ける患者の看護
    Ⅵ.運動器リハビリテーション
    A.リハビリテーション医療の流れ
    B.運動器リハビリテーションについて
    C.運動器リハビリテーションプログラムの処方
    D.代表的な疾患のリハビリテーション
    E.アスレチックリハビリテーション
    付1.locomotive syndrome(運動器症候群・運動器不安症と対策)
    付2.関節可動域表示ならびに測定法

    執筆者一覧

    トピックス