3Dプリンター×テーラーメイド医療 実践股関節手術

    定価 10,780円(本体 9,800円+税10%)
    編著中田活也
    JCHO大阪病院人工関節センター長
    尾田雅文
    新潟大学地域創生推進機構教授
    B5判・180頁
    ISBN978-4-7653-1693-4
    2016年11月 刊行
    【 在庫状況 】
    在庫有り

    電子書籍書店で購入

    購入数

    内容紹介

    3Dプリンターは整形外科のテーラーメイド医療化を加速する! 患者個別手術テンプレートで複雑な手術も安全・安心!
    本書は股関節手術分野における3Dプリンターの実践的な活用法を示したものである。
    3Dプリンターの基礎的な知識から、実物大骨モデル・患者個別手術テンプレート(PST)を作成するためのソフトウェアの使い方、出力のため3Dプリンタ運用をどう運用したらよいのか(院内生産か外部発注か)、どのように骨モデルやPSTを運用するのかについて、実際の手術をする上での注意点を示した。
    とくに本書で紹介する3Dプリンターで作成したPSTは、適応範囲の広さと柔軟性、初期導入と維持費用の低くさ、導入施設を限定しない高い利用可能性、簡便な操作性、保管スペースの節約、インプラントの種類を限定しない汎用性、使用方法の簡便性、手術精度の向上などその期待される費用対効果は極めて高いと考えられ、今後の整形外科のテーラーメイド医療化に欠かせない技術である。
    人工股関節全置換術に限らず、さまざまな骨切り術や回転移動術といった高度な手術の精度を高めようとする整形外科医におすすめする。
    執筆者一覧
    編著
    中田活也 JCHO大阪病院人工関節センター長
    尾田雅文 新潟大学地域創生推進機構教授
    執筆(執筆順)
    笹川 圭右 新潟工科大学工学部助教
    伊藤 英也 日本赤十字社医療センター骨・関節整形外科部長
    中村 祐敬 市立甲府病院整形外科科長
    坂井 孝司 大阪大学大学院医学系研究科講師
    花之内健仁 大阪産業大学工学部准教授
    北田  誠 JCHO大阪病院人工関節センター医長
    宮坂  大 新潟大学大学院整形外科学助教
    岩城 啓好 中之島いわき病院院長
    石堂 康弘 鹿児島大学大学院医歯学総合研究科特任准教授
    田村  理 JCHO大阪病院人工関節センター医長
    加畑 多文 金沢大学附属病院リハビリテーション部准教授

    序文

    目次

    執筆者一覧

    トピックス