放射線医学

頭頸部 画像診断

    定価 4,400円(本体 4,000円+税10%)
    監修楢林勇
    大阪医科大学名誉教授
    編集杉村和朗
    神戸大学大学院教授
    興梠征典
    産業医科大学教授
    A4判変型・102頁
    ISBN978-4-7653-1545-6
    2012年11月 刊行
    【 在庫状況 】
    在庫有り

    電子書籍書店で購入

    購入数

    内容紹介

    頭頸部画像診断は、放射線科専門医にとっても難易度が高いものである。頭頸部には多くの悪性腫瘍が発生するが、悪性の診断自体は原則として視触診と生検で行われるので、画像診断の最大の役割は広がり診断すなわち局所のステージングということになる。頭頸部においてはCTとMRIの使い分けを理解することも重要である。頭頸部放射線は欧米では放射線診断学の中の重要なsubspecialtyとして確立しており、多くの英文専門書が存在する。本書は「放射線医学」シリーズの一冊であり、他の分冊同様コンパクトに編集されている。頭頸部放射線の専門家が得意な領域を分担したことにより、それぞれの項目がユニークでかつレベルの高いものとなっている。放射線科医のみならず、頭頸部・眼科領域の画像診断を行う全ての医師に活用していただきたい。

    序文

    目次

    1章 頭蓋底、眼窩
    ■1 頭蓋底
    ■2 眼 窩
    2章 鼻副鼻腔、上咽頭
    ■1 鼻副鼻腔
    ■2 上咽頭
    3章 口腔・中咽頭
    ■1 口腔および中咽頭解剖のポイント
    ■2 口腔疾患
    ■3 中咽頭疾患
    4章 喉頭・下咽頭
    ■1 概 説
    ■2 検査法
    ■3 組織コントラスト
    ■4 喉頭癌・下咽頭癌診断の実際
    ■5 喉頭下咽頭癌の進展形式
    ■6 喉頭・下咽頭癌の経過観察
    ■7 炎症性病変
    ■8 異物・外傷
    ■9 そのほかの病態・疾患
    5章 唾液腺、頸部・軟部組織
    ■1 唾液腺
    ■2 頸部・軟部組織
    6章 側頭骨
    ■1 画像診断法
    ■2 キーとなる画像解剖
    ■3 代表的疾患の画像所見
    7章 頭頸部のUS 診断
    ■1 甲状腺
    ■2 副甲状腺

    執筆者一覧

    トピックス