肺癌を見逃さないための胸部X線写真の読影

    定価 7,040円(本体 6,400円+税10%)
    畠中陸郎
    池田貞雄
    B5判・274頁
    ISBN978-4-7653-1490-9
    2011年07月 刊行
    【 在庫状況 】
    在庫有り
    購入数

    内容紹介

    「先生!困りますナァ!こんなんチョンボをしてもらっては!」
    「―思い切って告白します。私は何度も何度もX線写真で肺癌を見落としたことがあります。それも米粒のように小さなものではなく結構大きなものを見落としたのです。―」
    そう語る著者が手痛いチョンボや首をひねるような症例に出くわす度にファイリングしてきた症例を掲載。肺癌は「見つける」から「見逃さない」へ!
    「―先生だけではないのです。読影を何年も続けてきた私達もこんなに迷いに迷い続けているのです―」
    読影に迷う方々へ、著者からのメッセージがこの1冊に!

    序文

    目次

    1章 X線写真の構成分
    2章 まず手始めに読影を―30症例、及第点は90%―
    3章 検診時に気になる所見―異常所見?それとも正常範囲?―
    A.胸膜肥厚(?)胸膜癒着(?)
    B.横隔膜の異常?
    C.シルエットアウトされた心陰影―不均等陰影なのか?―
    D.AP window消失
    E.右胸心
    F.上肺野の結節陰影?
    G.右下肺野でよく指摘される異常陰影?
    H.骨性胸壁の異常のいろいろ
    I.広汎な均等陰影
    J.乳頭・乳房
    4章 肺癌のみつけ方
    A.最も注意しなければならない部位
    B.肺癌が好発する母地となる病変
    C.GGOは放置しない!
    D.側面写真、斜位写真
    5章 下肺野の異常は、発見するのが難しい
    6章 経過観察はどうすればよいか?―ミリ肺癌の発見、判定―
    7章 比較読影のススメ―苦慮する判定の32症例―
    8章 知っていたら 得!

    執筆者一覧

    トピックス