医学論文英訳のテクニック
第4版

    定価 5,940円(本体 5,400円+税10%)
    横井川泰弘
    A5判・684頁
    ISBN978-4-7653-1415-2
    2010年03月 刊行
    【 在庫状況 】
    在庫有り

    電子書籍書店で購入

    購入数

    内容紹介

    いままでは臨床論文が中心で、今回の改訂で基礎論文の実例を加え、目次のような構成とした。第2部 「臨床論文編」では新しい文例を加え、第3部 「正しい英文表現」で全体を詳細に見直し、ほとんど文例を書き改めた。さらに第5部 「よい表現とわるい表現」では二者択一問題で、スマートな英文表現が実感できる。
    欧米人の書く英語に近づき、繰り返しているうちに英語に対する感性が磨かれるようにした。
    なお、Q&Aコーナーを随所に設け、著者が今までに種々の場で講義をしてきた際に、受講者からの疑問、知っておいてほしい文法や語のニュアンスをこのコーナーに盛込んだ。

    序文

    目次

    序章 ハイフンワード編
    第1部 基礎論文編
    1章 生理と解剖/2章 動物実験
    第2部 臨床論文編
    1章 緒言/2章 対象と方法/3章 診断ほか/4章 臨床効果/5章 副作用と臨床検査/6章 考按と結論
    第3部 正しい英文表現
    1。動詞編/2.  名詞編/3。形容詞編/4。副詞編/5。冠詞編/6。前置詞編/7。余剰表現編/8。句読点の使い方
    第4部 タイトル・抄録・副作用報告
    1章 タイトル/2章 抄録/3章 副作用報告
    第5部 よい表現とわるい表現
    付 プロトコールの代表的表現

    執筆者一覧

    トピックス