図書目録
基礎医学
基礎医学
臨床医学:基礎系
臨床医学:一般
臨床医学:内科系
臨床医学:外科系
医学一般
衛生・公衆衛生学
医療技術
看護学
保健・体育
栄養学
薬学
歯科学
雑誌
シリーズ

基礎医学 基礎医学関連科学 臨床医学:基礎系 臨床医学:一般 臨床医学:内科系 臨床医学:外科系 医学一般 衛生・公衆衛生学 医療技術 看護学 保健・体育 栄養学 薬学 歯科学 雑誌 シリーズ


カラー図解
神経解剖学講義ノート

       

著 寺島俊雄 神戸大学教授
A4判・251頁
定価(本体 4,600円+税)
ISBN978-4-7653-1506-7


購入数

■内容見本
画像をクリックすると見本ページをご覧いただけます。

⇒ 本書のパンフレットをダウンロードする(PDF、1.6MB)

神経解剖学 入門書の新定番!
神戸大学から全国へ広まった、人気の講義資料が書籍化。 難解な神経解剖を、超簡略化した模式図と講義感覚のテキストで明快に解説。


神経解剖学のテキストは少なからず出版されており学問的に優れたものも多い。しかしそれらのテキストの内容が初学者にとっては難解なため、学習意欲をなくすことになりがちである。
本書は、神経解剖学の学習を容易にすることを目的として、内容はできるだけ枝葉をそぎ落として簡略化し、可能なかぎり単純化した脳や神経回路の模式図を豊富に掲載した。一方で、臨床に役立つ神経解剖学ということを念頭に置き、各種神経症状や臨床に関連する項目も解説を加えている。
本書の原書は、神戸大学の講義資料で、「わかりやすい図版・平易な解説・簡潔にまとまっている」という評判を得て、全国へ広まったものである。書籍化にあたり、原書のエッセンスは残したまま、図版をすべてカラーにして作成し直し、内容を充実させた。
神経解剖学の初学者が最初に手にするテキストとして最もふさわしい一冊であり、別のテキストで挫折しそうになった/してしまった人の、再入門書としてもぜひおすすめしたい。
また、医学生のみならず、神経科学を志す理工系学生にもおすすめである。

第1章 神経組織学
第2章 神経系の発生、変性、再生
第3章 脊髄
第4章 延髄
第5章 橋
第6章 中脳
第7章 小脳
第8章 間脳
第9章 大脳基底核
第10章 大脳皮質
第11章 神経回路 (1)運動路
第12章 神経回路(2)感覚路
第13章 髄膜と脳脊髄液
第14章 脳の血管
第15章 化学的神経解剖学
第16章 中枢神経系の肉眼解剖学
【付録1】脳の断面
【付録2】脳切片

■Q&A

Q:92頁 図6-24 外眼筋の作用とマヒ

この図では、下斜筋、上斜筋が耳側、上直筋、下直筋が鼻側に描かれていますが、別の書籍などでは、下斜筋、上斜筋が鼻側、上直筋、下直筋が耳側となっております。この図はどのように見ればよいのでしょうか?

A:
この図は、筋の作用の方向を示す図であって、実際の筋肉の解剖学的位置を示すものではありません。たとえば上斜筋は、眼球の上内側にある筋ですが、途中に滑車がある関係で、筋の作用が反転し、下外側に眼球を引きます。したがってこのような図になります。逆に下斜筋が収縮すると、眼球を上方かつ外側に引きます。上直筋の作用は眼球を上内側に引き、下直筋は下内側に引きます。これらの作用は説明が難しいのですが、外眼筋の作用の方向はそれぞれの筋の起始と停止および滑車の有無などによって決まりますので、外眼筋の個々の名称とその作用の方向は一致しません。

【補】 臨床医学を学んでいる学生によく質問されるのですが、臨床のテキストでは、上斜筋の作用は、下内側に眼球をむけると記載されているのが普通です(ちょうどこの図では下直筋の作用と一致します)。その理由は、上斜筋の作用は、眼球を内転位にしたときに、純粋に下転のみとなるからです。それゆえ、眼科医は上斜筋の作用を見るときに、患者に目を寄せさせて(内転位にさせて)、その上で下転させますから、臨床のテキストでは、上斜筋の作用は、眼球を下内側に向けるという表現になります。このように解剖学のテキストと臨床医学のテキストで上斜筋の作用について大きな違いがあり、これを理解してもらうことが、とても困難ですが、外眼筋の作用は、眼球の位置により変わります。解剖学のテキストでは、あくまでも眼球が通常の位置にあるときの作用の方向が記載されていますが、臨床医学のテキストでは、個々の筋の作用が最も検出できるような眼球の位置での作用の方向となります。