カラー図解 人体発生学講義ノート
第2版

  • 好評書
定価 6,490円(本体 5,900円+税10%)
塩田浩平
滋賀医科大学学長/京都大学名誉教授
A4判・272頁
ISBN978-4-7653-1740-5
2018年01月 刊行
【 在庫状況 】
在庫有り

電子書籍書店で購入

購入数

人体発生学の新定番テキスト!
日本人研究者による、読みやすく統一感のある解説と、豊富なカラー図版・写真で、発生学をスムーズかつビジュアルに理解できる。初学者の最初の一冊に最適!

内容紹介

・個体発生の全体の流れをまとめた総論(1~9章)と、各器管系の器官発生を扱った各論(10~19章)の全19章からなる構成
・主要な発生現象や器官発生の分子メカニズムについても記載
・世界的に有名な京都大学のヒト胎児コレクションからの貴重な写真を多数収載
・理解を深めるための関連事項や臨床疾患等は「MEMO」「TOPICS」として解説
・限られた時間の中でも効率的に学習できるよう、各章の冒頭に「その章のサマリー」「キーワード」「その章で扱う発生の流れ」を見開き二頁にまとめた
・学習内容を振り返ることができるよう各章の章末には練習問題を設けた

序文

目次

1 発生学とは
2 生殖細胞の発生
3 排卵から着床まで
4 二層性胚盤
5 三層性胚盤
6 胚子期後半
7 胎児期
8 胎膜と胎盤
9 発生異常
10 運動器系
11 体腔と漿膜
12 循環器系
13 消化器系
14 呼吸器系
15 泌尿生殖器系
16 神経系
17 頭頸部
18 眼と耳
19 皮膚と付属器

執筆者一覧

トピックス