カラー図解 PEG 完全攻略
-胃ろうの適応・禁忌から造設・管理・偶発症対策まで-

    定価 5,060円(本体 4,600円+税10%)
    監修竜田正晴
    大阪府立成人病センター特別研究員
    東野晃治
    大阪府立成人病センター消化管内科副部長
    B5判・176頁
    ISBN978-4-7653-1549-4
    2012年12月 刊行
    【 在庫状況 】
    在庫有り

    電子書籍書店で購入

    購入数

    内容紹介

    PEG(胃瘻)のすべてがこの1冊に!適応・禁忌から造設、造設後の管理と有効性の評価、抜去・偶発症まで、全過程にわたり新しい観点から100項目にまとめて解説。
    ・PEGの適応から、術前検査、造設術、術後ケアまで、全過程におけるコツ・リスクマネジメント・注意点等を収録する総合実践マニュアル
    ・造設手技・交換方法は、実際の製品例を挙げながら具体的に解説
    ・PEGの偶発症は時として患者に大きな負担を与える。どのような偶発症が考えられ、どのように対応するかを具体的に解説
    ・栄養管理に必要な栄養アセスメントを簡潔に、わかりやすく記し、実際の投与方法を症例として掲載
    ・改善改良が進み、より安全により使いやすくなった最新のPEG製品情報を提示
    ・老年医学会のガイドラインを解説し、PEGの意義を改めて見直す
    ・軽視されがちであった、PEGの有効性の評価についても言及
    ・知りたいことをすぐ読めるよう、上記内容を100の項目に整理して解説

    序文

    目次

    1 PEGとは
    2 PEG造設の適応と禁忌
    3 PEGカテーテルの構造と選択
    4 PEG造設手技の種類と選択
    5 適応疾患・病態から見たPEG造設手技の選択
    6 術前管理
    7 PEG造設の基本的手技
    8 PEG造設の実際
    9 市販のPEGキット
    10 PEG造設後の管理
    11 栄養アセスメントと経腸栄養管理
    12 市販の経腸栄養剤とその選択
    13 栄養剤の投与とその注意点
    14 PEGの有効性の評価とリプランニング
    15 PEGカテーテルの交換
    16 PEGカテーテルの抜去
    17 偶発症と対策

    執筆者一覧

    トピックス