そのエビデンス、妥当ですか?システマティック・レビューとメタ解析で読み解く 小児のかぜの薬のエビデンス

  • 未刊
定価 3,740円(本体 3,400円+税10%)
監修榊原裕史
東京都立小児総合医療センター総合診療科
大久保祐輔(Dr.KID)
カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校(UCLA)公衆衛生大学院疫学部/国立成育医療研究センター・社会医学研究部
A5判・236頁
ISBN978-4-7653-1815-0
2020年04月 刊行
【 在庫状況 】
未刊
購入数

★2020年4月上旬 発売予定!

小児のかぜの薬には、どんなエビデンスがあるのか? そしてそのエビデンスをどう吟味するのか? 臨床と疫学のギャップを埋める1冊。

内容紹介

人気ブログ「ドクター・キッド(https://dr-kid.net)」の著者(Twitter ID:Dr.KID @Dr_KID_)が丁寧に解説。小児のかぜ診療でよく処方される薬のエビデンスを知り、システマティック・レビューとメタ解析の読み方・考え方を理解できるようになる!

序文

ほとんどの小児科医にとって、かぜ(急性上気道炎)や急性胃腸炎は小児科外来において生涯で最も多く見る疾患と思います。日常的に診療するこれらの軽症疾患の多くは通常、自然軽快します。このため、これらの疾患のエビデンスの吟味は軽視されがちです。また、エビデンスに基づかない診療をしたとしても自然軽快してしまうがため、「いつもこの処方で軽快しているから」と漫然と処方を繰り返してしまうこともあります。

小児科も細分化が進んできており、それぞれの小児科医が特化した専門性(サブスペシャリティー)を1つは身につける必要性が年々高まっています。その一方で、小児科医は小児の総合診療医でもあり、多種多様な疾患を広く診療する必要もあります。これは細分化が進んでいく医療における小児科の魅力の1つでもあり、逆に難しさでもあると思います。日々、小児科のサブスペシャリティーを研鑽しながら、小児科の幅広い疾患の知識を得ていくのは、多忙な小児科において至難の業かもしれません。このため、ついつい軽視されてしまうのが、かぜや胃腸炎といった軽症疾患の診療です。さらに、かぜや胃腸炎といった軽症疾患のエビデンスを吟味し、システマティック・レビューやメタ解析の読み方・考え方を身につけようにも、効率的な方法がなく、試行錯誤されている方も多いのではないでしょうか。

この本は、小児を診療する医療者がよく抱くギャップやジレンマを埋めることを目標に執筆しました。1つは、小児のかぜ診療でよく処方される薬の必要な知識を、過去に行われた研究をもとに網羅的に記載しました。具体的には、システマティック・レビューやメタ解析と、そこに掲載された個々の論文をカバーしています。医学書の多くは、病態生理に基づいて記述され、それを支持する一部の参考文献のみがエビデンスとして提示されていることが多いです。確かに病態生理を理解することは非常に重要です。しかし、それを支持するエビンデンスがどのようなものかを知っておくことも重要なのです。すなわち、治療の有効性や危険性は相対的なものであり、質の高いランダム化比較試験(RCT)や観察研究の結果を網羅的に知る必要があります。このため、この書籍では、個々の研究は選り好みせず、可能な限り文献を集め、私が目を通した論文数は200を超えています。

もう1つはエビデンスの吟味の方法です。システマティック・レビューとメタ解析は「ゴールドスタンダード」「最強のエビデンス」などと比喩されていますが、疫学研究者として論文を読むと、その質は玉石混淆です。特に小児科領域ではRCT自体が非常に少なく、エビデンスは限定的なものばかりです。このため、臨床医にとっては少し酷な話ですが、エビデンスを語るには、医療者もメタ解析の結果を吟味することが必要です。この本では、システマティック・レビューとメタ解析がどのように行われ、どのように評価されているのかを、疫学的な視点から解説しています。

本書を読むことで、小児のかぜでよく処方される薬のエビデンスを知り、システマティック・レビューとメタ解析の読み方・考え方を理解できるように工夫しています。多くの小児の診療に関わる医療者が本書を手に取り、より良い診療のために役立てられることを期待しています。

カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校(UCLA)公衆衛生大学院疫学部
国立成育医療研究センター・社会医学研究部
大久保 祐輔
ペンネーム:Dr. KID

プロフィール:
大久保祐輔(ペンネーム:Dr. KID)
2009年東北大学医学部医学科卒業
初期研修:横浜市立みなと赤十字病院
後期研修:東京都立小児総合医療センター
2016年にハーバード大学公衆衛生大学院の修士課程を卒業。同年より国立成育医療研究センター・社会医学研究部などで共同研究を開始。2017年よりカリフォルニア州立大学ロサンゼルス校(UCLA)公衆衛生大学院疫学部において、因果推論とその応用をテーマに勉学と研究を続け、現在に至る。
ブログ:ドクター・キッド https://dr-kid.net
Twtter ID:Dr.KID @DR_KID_

目次

1 小児の咳止めの科学的根拠
2 小児の気道感染症と去痰薬の科学的根拠
3 抗ヒスタミン薬の科学的根拠
4 小児の咽頭炎とトラネキサム酸,咳と気管支拡張薬・ヴェポラッブ®の科学的根拠
5 解熱薬(主にアセトアミノフェン)の科学的根拠
6 整腸剤(プロバイオティクス)と小児の下痢の科学的根拠
7 止瀉薬の科学的根拠
8 制吐剤の科学的根拠
9 科学的根拠から見た小児のかぜと鼻洗い・鼻吸い
10 小児のかぜとロイコトリエン受容体拮抗薬の科学的根拠
11 科学的根拠から見たかぜの自然経過
Lecture システマティック・レビューとメタ解析

執筆者一覧

■監修
榊原裕史  東京都立小児総合医療センター総合診療科

■著者
大久保祐輔 カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校(UCLA)公衆衛生大学院疫学部/国立成育医療研究センター・社会医学研究部

ブログ:ドクター・キッド https://dr-kid.net
Twtter ID:Dr.KID @DR_KID_

トピックス