免疫学の入門
第8版

    定価 2,970円(本体 2,700円+税10%)
    今西二郎
    京都府立医科大学名誉教授/明治国際医療大学附属統合医療センター長/教授
    A5判・232頁
    ISBN978-4-7653-1765-8
    2018年11月 刊行
    【 在庫状況 】
    在庫有り

    電子書籍書店で購入

    購入数

    内容紹介

    『免疫学入門のスタンダード。免疫学全体の概観の理解を得られることを目指し、さらに必要十分な知識を記述することを目的とした。また、最新の研究動向を反映することを念頭に改訂を行った。
    1987年の初版以降版を重ねているロングセラーの改訂版。免疫学への入門書としてコア・カリキュラム事項を過不足なくカバーする内容で幅広い層に支持されている。
    本書は、医学部学生はもとより、歯学部、薬学部、薬学部、コアメディカルの大学・専門学校生をも対象にしている。
    現在も注目される自然免疫に関しては章立てにして11章を追加した。また、12章「感染に対する生体防御」、17章「免疫抑制薬、抗アレルギー薬」は大幅に改訂されている。
    なお、巻末に資料としCD分類を掲載しているのでレファレンスとしてもご使用いただける。

    序文

    初版が,刊行されて以来,すでに30 年が過ぎ,その間,6 回の改訂を行ってきた.今回は,第7 版の改訂より,6 年が過ぎてしまい,第8 版の改訂をすることになった.30 年を経ても,まだ改訂を行えることは,誠に著者冥利に尽きる.これも,読者の皆様,編集者のお陰であると感謝している.

    今回の改訂は,前回の改訂に引き続き,自然免疫についての事項を大幅に追加し,新しい章立て(11 章)とした.このことから自然免疫が未だに免疫学の領域で大きな関心を寄せられ,飛躍的に発展していることがうかがえるであろう.さらに,今回の改訂では,メモリーT細胞,インターロイキン38 を追加した.また,腫瘍免疫では,数年前よ話題になっている免疫チェックポイントの機構と新しい免疫療法薬としての免疫チェックポイント阻害薬を加えた.さらに免疫抑制薬については,大幅に整理し,抗体薬についての記述を追加した.抗アレルギー薬についても,最近の進歩にあわせ,改訂した.

    以上が主な改訂点であるが,まだまだ不十分なところもあるかも知
    れない.読者諸氏の忌憚ないご意見を賜れば,幸甚である.

    目次

    1章 免疫の概念と種類
    2章 抗原
    3章 抗体
    4章 免疫担当器官と免疫担当細胞
    5章 免疫応答とその調節
    6章 抗原抗体反応
    7章 補体および補体の関与する反応
    8章 アレルギー
    9章 サイトカイン
    10章 組織適合性抗原と移植免疫反応
    11章 自然免疫
    12章 感染に対する生体防御
    13章 腫瘍免疫
    14章 自己免疫病
    15章 免疫不全症
    16章 免疫系の進化、発達と老化、妊娠
    17章 免疫抑制薬、抗アレルギー薬
    巻末資料 主なCD分類

    執筆者一覧

    トピックス