総合診療ライブラリー

Generalist 血液内科診療のススメ

    定価 4,180円(本体 3,800円+税10%)
    大野辰治
    大津赤十字病院副院長/第一内科部長
    B5判・160頁
    ISBN978-4-7653-1661-3
    2015年12月 刊行
    【 在庫状況 】
    在庫有り

    電子書籍書店で購入

    購入数

    内容紹介

    ジェネラリストを目指す医師の日常診療の手引書。日常検査等で気になった場合にすぐに開いて見られるように、好中球増多(減少)、好酸球増多、血小板減少(増多)などの異常所見や、リンパ節腫脹、出血傾向、凝固亢進などの症状ごとにテーマとして分けてまとめている。
    各テーマでは、基本情報を示し、効率のよい問診を展開し、身体所見をとる方法を示し、そこから検査の取捨選択を行い、正しい診断に至る過程について解説している。鑑別診断についても、エビデンスを示しながら解説を加えている。
    適宜、代表的な症例を提示。これにより血液異常を呈する患者に実践されている鑑別診断のプロセスの理解を深めることができる。

    本書では、量的な説明は数値や数量で具体的に示し、また全編を通してマニュアル仕様の箇条書を採用しており、実践書として使いやすい。
    血液診療が苦手な方も、本書によりスムーズにこなせるようになるだろう。

    序文

    目次

    1章 血液疾患を意識した診察
    2章 リンパ節腫脹
    3章 貧血
    4章 多血症
    5章 好中球増多症
    6章 好中球減少症
    7章 好酸球増多症
    8章 単球、好塩基球、リンパ球の数的異常
    9章 血小板減少症
    10章 血小板増多症
    11章 出血傾向
    12章 凝固亢進

    執筆者一覧

    トピックス