透析患者の病態へのアプローチ
第2版

    定価 5,940円(本体 5,400円+税10%)
    編集深川雅史
    東海大学教授
    A5判・478頁
    ISBN978-4-7653-1497-8
    2011年09月 刊行
    【 在庫状況 】
    在庫有り
    購入数

    内容紹介

    透析導入年齢の高齢化に伴い、糖尿病を原病に持つ患者の比率が高くなり、透析開始時点で臓器障害を持つ患者が増えた。さらに、医療費の包括化も進み、考えながらの診療が求められている。 また、腎移植は10年前の2倍になり、長期管理に内科医が関わる機会が増えてきている。患者の病態をよく理解し、正しい治療を選択する必要性が高まっている。 そのような中、国内外では種々の診療ガイドラインが発表されつつあり、その作成過程で、この分野のエビデンスの不十分さが認識され、きちんと臨床研究を行おうという動きが高まってきている。
    以上の変化を踏まえて、「病態に立脚しエビデンスを考慮した診療ができるようになる」という初版の方針をさらに徹底・発展させ、さらに内容を拡充した。 刊行間際に東日本大震災と津波が起こった。災害に関する章を新たに加えて、さらに充実させた。

    序文

    目次

    1部 イントロダクション
    1 透析患者の受け持ちになったら
    2 日本と世界の透析医療
    2部 透析導入前の慢性腎臓病患者の診療
    3部 透析患者の診療
    1 透析患者の全身を診る-内科医として、何をどのような観点で診るべきか-
    2 血液浄化療法の原理と選択
    3 血液透析の導入
    4 血液透析患者の日常診療
    5 バスキュラーアクセス
    6 腹膜透析患者の診療
    7 急性腎障害の診療
    8 ICUにおける血液浄化法
    9 特殊な血液浄化法とその適応
    10 透析とコンサルテーション
    4部 透析患者の合併症・偶発症
    1 透析患者の高血圧
    2 透析患者の低血圧
    3 透析患者の心血管系の異常
    4 透析患者の末梢血管系の異常
    5 透析患者の貧血
    6 透析患者の水電解質代謝異常と輸液
    7 透析患者の骨ミネラル代謝異常
    8 透析患者の糖尿病と脂質異常
    9 透析患者の内分泌系の異常
    10 透析患者の消化器系の異常
    11 透析患者の肝胆膵系の異常
    12 透析患者の血液(貧血を除く)・免疫系の異常
    13 透析患者の呼吸器系の異常と感染症
    14 透析患者の泌尿器系の異常
    15 透析患者の神経系の異常
    16 透析患者の皮膚の異常
    17 透析患者の妊娠・出産
    5部 透析患者の診療の問題点
    1 透析患者の薬物療法
    2 透析患者の服薬管理
    3 透析患者の周術期管理
    4 透析患者の栄養と食事
    5 透析患者のQOL
    6 小児腎不全患者の診療
    6部 腎移植患者の診療
    7部 透析医療に関する情報の収集と活用
    8部 透析医療の社会医学
    1 チーム医療としての透析医療
    2 透析医療におけるリスクマネジメント
    3 災害時の透析医療-巨大災害にどう取り組むか-
    4 透析医療への倫理的アプローチ
    5 透析患者の社会的保障と保険

    執筆者一覧

    トピックス