絵でみるリンパ浮腫ケアのテクニック

    定価 3,080円(本体 2,800円+税10%)
    編著赤澤千春
    京都大学大学院医学研究科准教授
    A4判・82頁
    ISBN978-4-7653-1481-7
    2011年06月 刊行
    【 在庫状況 】
    在庫有り
    購入数

    “わからない”から“楽しい”へ!200点以上のイラストを使用したリンパ浮腫セルフケアのための最良の導き書です!

    内容紹介

    乳がんや子宮がんの手術後に起こる合併症としてよく知られる続発性リンパ浮腫。リンパ浮腫の改善に大切なのは、リンパドレナージ、圧迫療法、運動療法、スキンケアといった複合的理学療法を日々継続することである。
    本書は、200点以上のイラストを用いて、複雑でわかりにくいリンパドレナージや圧迫療法の手法を解説した。現場の看護師さんが患者さんに指導しやすいように、また、患者さんだけでも実行できるように、簡潔さとわかりやすさを心がけている。最後に付録として、療養費の支給申請のための“弾性着衣等 装着指示書”の説明と“セルフケアのための記録用紙”をつけた。

    序文

    目次

    1章 リンパ浮腫のしくみ
    リンパ浮腫の定義/リンパの解剖/リンパドレナージの原理
    2章 リンパドレナージ
    基本手技/マニュアル/リンパドレナージの禁忌
    3章 圧迫療法
    上肢のバンテ―ジ法/下肢のバンテ―ジ法/弾性着衣
    4章 運動療法
    腕の運動/足の運動
    5章 スキンケア
    保湿の心がけ/傷をつくらない心がけ(ケガ、虫刺され、日焼けなどに注意)
    6章 日常生活の注意点
    皮膚のバリア機能を低下させない/リンパの流れを堰き止めない/足に負担をかけない/その他
    付録:
    リンパ浮腫の保険適用書類について
    セルフケアのための記録用紙

    執筆者一覧

    ■編著者
    赤澤千春 京都大学大学院医学研究科准教授

    ■著者
    西薗貞子 大阪医科大学看護学部看護学科
    山本昌恵 関西看護医療大学看護学部
    福田里砂 京都大学大学院医学研究科

    トピックス