図書目録
基礎医学
基礎医学
臨床医学:基礎系
臨床医学:一般
臨床医学:内科系
臨床医学:外科系
医学一般
衛生・公衆衛生学
医療技術
看護学
保健・体育
栄養学
薬学
歯科学
雑誌
シリーズ

基礎医学 基礎医学関連科学 臨床医学:基礎系 臨床医学:一般 臨床医学:内科系 臨床医学:外科系 医学一般 衛生・公衆衛生学 医療技術 看護学 保健・体育 栄養学 薬学 歯科学 雑誌 シリーズ


診断のゲシュタルトと
デギュスタシオン 2

       

編集 岩田健太郎
A5判・316頁
定価(本体3,300円+税)
ISBN 978-4-7653-1616-3


購入数



■執筆者一覧(五十音順)
生坂政臣  千葉大学医学部附属病院総合診療部
井村 洋  飯塚病院総合診療科
岩田健太郎  神戸大学医学部附属病院感染症内科
植西憲達  藤田保健衛生大学救急総合内科
春日武彦  成仁病院精神科
片多史明  亀田総合病院神経内科
鎌田一宏  筑波メディカルセンター病院感染症内科
川島篤志  市立福知山市民病院総合内科・研究研修センター
岸本暢将  聖路加国際病院Immuno-Rheumatology Center
北村 淳  藤田保健衛生大学救急総合内科
清田雅智  飯塚病院総合診療科
窪田忠夫  東京ベイ浦安市川医療センター外科
笹木 晋  藤田保健衛生大学救急総合内科
椎木創一  沖縄県立中部病院感染症内科
神宮司成弘  藤田保健衛生大学救急総合内科
鈴木富雄  名古屋大学医学部附属病院総合診療科
須藤 博  大船中央病院内科
陶山恭博  JR 東京総合病院リウマチ膠原病科
高田俊彦  京都大学大学院医学研究科医療疫学分野
谷口智宏  沖縄県立中部病院感染症内科
地畠 暁  亀田総合病院リウマチ・アレルギー内科
徳田安春  (独)地域医療機能推進機構(JCHO)研修センター
中下珠緒  亀田総合病院リウマチ・アレルギー内科
成田 雅  沖縄県立中部病院感染症内科
西垂水和隆  今村病院分院救急総合内科
林 寛之  福井大学医学部附属病院総合診療部
本島新司  亀田総合病院リウマチ・アレルギー内科
本村和久  沖縄県立中部病院プライアリケア/総合内科
山中克郎  藤田保健衛生大学救急総合内科

 昨年(2013年)発行,好評発売の「診断のゲシュタルトとデギュスタシオン」第二弾である.一作目を読みそびれた方のために,聞き慣れない奇妙なタイトルの意味を簡単に説明すると,ゲシュタルトはゲシュタルト心理学のゲシュタルトであり,ドイツ語でdie Gestalt(女性名詞)とは形,英語で言うとshape,言い換えるなら「見た目」,つまりゲシュタルト診断とは「見た目診断」である.そして細かい違いを峻別するデギュスタシオンはワイン・テイスティングの時の“あれ”とか“これ”を区別する「デギュスタシオン」である.診断を各要素(所見等)の構造物(ゲシュタルト)として捉え,診断のプロセスをブラインドテスト(デギュスタシオン)になぞらえて,日常診療で出会う病気の全体像を解説している(従来とは異なるスタイルで書かれている).第二作も前回にも増して良い仕上がりになっている.臨床診断の洞察的な目を追体験しながら,診断の困難と楽しみ,更には再発見を味わっていただきたい.



●摂食障害(本村和久)
●境界性パーソナリティー障害(春日武彦)
●統合失調症(プライマリ・ケア医のための)(春日武彦)
●腹部大動脈瘤破裂(林 寛之)
●大動脈解離(林 寛之)
●ジゴキシン中毒(成田 雅)
●危険な意識消失発作,危険でない意識消失発作(清田雅智)
●アナフィラキシー発見 治療はスピードが命!(林 寛之)
●横紋筋融解症(山中克郎)
●壊死性筋膜炎(岩田健太郎)
●急性胆嚢炎(窪田忠夫)
●腸重積(小児)(窪田忠夫)
●帯状疱疹(鈴木富雄)
●ライム病(岩田健太郎)
●レプトスピラ症(成田 雅)
●Fitz-Hugh Curtis syndrome(高田俊彦・生坂政臣)
●播種性糞線虫症(谷口智宏・椎木創一)
●レジオネラ肺炎(川島篤志)
●ニューモシスチス肺炎(HIV, non-HIV)(椎木創一)
●過敏性肺臓炎(鎌田一宏・徳田安春)
●血管内リンパ腫(井村 洋)
●血球貪食症候群(井村 洋)
●伝染性単核球症(西垂水和隆)
●高齢発症関節リウマチ(中下珠緒・本島新司)
●高安病とは(鈴木富雄)
●結節性多発動脈炎(陶山恭博・岸本暢将)
●ベーチェット病(地畠 暁・本島新司)
●IgG4 関連疾患(神宮司成弘・植西憲達)
●壊疽性膿皮症(本村和久)
●椎骨脳底動脈解離(西垂水和隆)
●Lewy 小体型認知症(片多史明)
●パーキンソン病 その他の変性疾患(高田俊彦・生坂政臣)
●むずむず脚症候群(片多史明)
●Cushing 症候群(笹木 晋・徳田安春)
●甲状腺機能低下症(須藤 博)
●高齢者の甲状腺機能亢進症(清田雅智)
●糖尿病ケトアシドーシス(山中克郎)
●Wilson 病(北村 淳・植西憲達)