イラスト図解で納得! 臨床力UP! 血算・凝固に強くなる実践レクチャー

  • 新刊
定価 5,060円(本体 4,600円+税10%)
編著萩原將太郎
筑波大学附属病院水戸地域医療教育センター教授
A5判・280頁
ISBN978-4-7653-1898-3
2022年04月 刊行
【 冊子在庫 】
在庫有り

電子書籍書店で購入

購入数

イラストだから全体像がイメージしやすい! 症例で検査値異常の読み方と診療の進め方がよくわかる!

内容紹介

本書は、臨床の現場で日々奮闘している医師、検査技師、看護師のみなさん、これから医療・医学を志す学生のみなさんが、「血算・凝固に強くなる!」ことを目指して執筆しました。

血算と凝固検査の「きほん」から「実践」までを、できるだけ多くのイラストを用いて、「イメージ」として、全体像が理解できるように工夫しています。

本書を読まれた皆さんが、「なぜ、その数値になるのか?」「どのような疾患が隠れているのか?」「患者はどのような全身状態なのか?」など様々な問いを自ら解決できるように、お手伝いできれば幸いです。

序文

はじめに

血算と凝固検査は、身体の状態を反映する基本的な検査です。

しかし、基本的な検査である反面、結果の解釈に悩むことも多いのではないでしょうか?

また重要な意味がある数値を、見過ごしていることもあるかも知れません。

血算は、造血能力、内分泌機能、炎症や感染症、栄養状態、悪性腫瘍などを反映します。

凝固検査も、肝機能、栄養状態、炎症や感染症、薬剤など様々な状況に影響を受けて数値が変化します。

本書は、臨床の現場で日々奮闘している医師、検査技師、看護師のみなさん、これから医療・医学を志す学生のみなさんが、「血算・凝固に強くなる!」ことを目指して執筆しました。血算と凝固検査の「きほん」から「実践」までを、できるだけ多くのイラストを用いて、「イメージ」として、全体像が理解できるように工夫しています。

本書を読まれた皆さんが、「なぜ、その数値になるのか?」「どのような疾患が隠れているのか?」「患者はどのような全身状態なのか?」など様々な問いを自ら解決できるように、お手伝いできれば幸いです。

2022年3月
執筆者代表 萩原將太郎

目次

本書で使用している略語の一覧
カラー写真
<付録>凝固線溶と造血のOverview

総論 やさしくわかる血算と凝固検査値の読み方

01 血算が読めるようになる
1-1 血算とは何か?
① 肉眼による血球数計測
② 「自動血球計測機」とは?
③ ヘモグロビン濃度測定の原理
④ ヘマトクリット値測定の原理
1-2 白血球
① 白血球数の増加と減少
② 白血球数の読み方
③ 白血球分類の読み方
1-3 赤血球
① 赤血球数、Hb値、Ht値の読み方
② 赤血球恒数とは?
③ 網赤血球とは?
④ 自動血球分析装置のデータを有効利用する
1-4 血小板
① 血小板の産生
② 血小板の構造
③ 血小板数の読み方
④ 自動血球分析機の血小板計測値を有効利用する

02 凝固検査値が読めるようになる
2-1 凝固とは何か?
① 「凝固」のプロセス
② 内因系、外因系と共通系
③ 凝固の検査
2-2 プロトロンビン時間(PT)
① プロトロンビン時間(PT)とは?
② PT延長の場合に考えること
2-3 活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)の読み方
① 活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)とは?
② APTT延長の場合に考えること
2-4 フィブリノゲンの読み方
① フィブリノゲンとは?
② フィブリノゲン増加の場合に考えること(400㎎/dL以上)
③ フィブリノゲン減少の場合に考えること(200㎎/dL以下、特に150㎎/dL以下)
2-5 凝固制御系因子の検査と読み方
① AT(アンチトロンビン)とは?
② プロテインS、C、TMとは?
2-6 凝固活性化の指標(可溶性フィブリンモノマー複合体、トロンビン・アンチトロンビン複合体、プロトロンビンフラグメントF1+2)
① 可溶性フィブリンモノマー複合体とは?
② トロンビン・アンチトロンビン複合体とは?
③ プロトロンビンフラグメントF1+2とは?
2-7 凝固系における自己抗体(1)凝固因子インヒビター
① 凝固因子インヒビターとは?
② 後天性血友病A
③ その他の凝固因子インヒビター
2-8 凝固系における自己抗体(2)抗リン脂質抗体症候群
① 抗リン脂質抗体症候群(APS)とは?
② 抗リン脂質抗体とは?
③ ループスアンチコアグラント陽性例でAPTTは延長するのに出血傾向がないのはなぜか?

03 線溶検査が読めるようになる
3-1 線溶とは?
① 「線溶」のプロセス
3-2 線溶検査(分子マーカー)の読み方
① DダイマーとFDP
② α2プラスミンインヒビター
③ プラスミン-α2プラスミンインヒビター複合体(PIC)
④ プラスミノゲンアクチベーターインヒビター-1(PAI-1)

04 血管と血小板を理解する
4-1 一次止血とは?
① 一次止血のプロセス
4-2 血小板の働き
① 血小板粘着能
② 放出能と変形能
③ 血小板凝集能
④ 血小板機能の検査
4-3 von Willebrand因子とADAMTS13の働き
① von Willebrand因子とは?
② ADAMTS13とは?
4-4 血管内皮の働き
① 血管内皮の働き
4-5 出血時間
① 出血時間

各論 症例でよくわかる検査値異常の読み方と診療の進め方

01 血算から考える
1-1 白血球の異常
① 好中球の増加
≫ 症例1-1-1 37歳女性
② 好中球の減少
≫ 症例1-1-2 63歳男性
③ 骨髄球、後骨髄球の出現
④ リンパ球の増加
≫ 症例1-1-3 59歳男性
⑤ 大顆粒リンパ球(LGL)
⑥ 反応性リンパ球(従来の異型リンパ球)、異常リンパ球
≫ 症例1-1-4 19歳男性
⑦ リンパ球の減少
≫ 症例1-1-5 42歳男性
⑧ 単球の増加
≫ 症例1-1-6 54歳男性
⑨ 好酸球の増加
≫ 症例1-1-7 17歳女性
⑩ 好塩基球の増加
1-2 赤血球の異常
① 貧血の鑑別
② MCV低値の貧血
≫ 症例1-2-1 53歳女性
≫ 症例1-2-2 79歳男性
③ MCV正常の貧血
≫ 症例1-2-3 74歳女性
≫ 症例1-2-4 22歳女性
④ MCV高値の貧血
≫ 症例1-2-5 72歳男性
⑤ 多血症
≫ 症例1-2-6 68歳女性
1-3 血小板の異常
① 血小板増多
≫ 症例1-3-1 70歳男性
② 血小板減少
≫ 症例1-3-2 74歳女性
③ 血小板の機能異常

02 出血と血栓を考える
2-1 出血傾向
① PTが延長している出血傾向
≫ 症例2-1-1 38歳女性
② APTTが延長している出血傾向
≫ 症例2-1-2 69歳男性
③ PT、APTT正常な出血傾向
≫ 症例2-1-3 76歳女性
④ DICと電撃紫斑病
≫ 症例2-1-4 62歳女性
≫ 症例2-1-5 22歳男性
≫ 症例2-1-6 36歳女性
⑤ 産科DIC
≫ 症例2-1-7 36歳女性(妊娠35週3日の初産婦)
⑥ 周術期の凝固管理
≫ 症例2-1-8 49歳男性
⑦ HUS/TTP/aHUS/二次性TMA
≫ 症例2-1-9 17歳女性
≫ 症例2-1-10 48歳女性
≫ 症例2-1-11 12歳男性
≫ 症例2-1-12 29歳女性
⑧ Von Willebrand(vW)病
≫ 症例2-1-13 81歳女性
⑨ 薬剤性出血傾向
≫ 症例2-1-14 88歳男性
⑩ 紫斑の鑑別
2-2 血栓傾向
① Dダイマー/FDP増加をみたら?
② 先天性血栓性素因
≫ 症例2-2-1 46歳男性
③ 抗リン脂質抗体症候群
≫ 症例2-2-2 33歳女性
④ ヘパリン起因性血小板減少症(HIT)
≫ 症例2-2-3 79歳男性
⑤ 妊娠と血栓症
≫ 症例2-2-4 41歳女性(妊娠32週1日、初産婦)
⑥ がん関連血栓症(Trousseau’s症候群)
≫ 症例2-2-5 68歳女性
⑦ 抗血栓薬
⑧ 抗血栓療法の実際

DIC診断基準表
文献
索引

column
網赤血球産生指数(reticulocyte production index:RPI)
RDWとは?
ビタミンK依存性凝固因子とは?
NMTT側鎖をもつ抗生物質の影響とは?
未分画ヘパリンと低分子ヘパリンの違いについて
プラスミノゲン異常症/欠乏症
e-XDPとは?
抗血小板薬の作用機序
Bernard-Soulier症候群
血小板無力症(Glanzmann症候群)
白色血栓と赤色血栓
ヘパリンとプロタミン
FFPとクリオプレシピテート

執筆者一覧

■編著
萩原將太郎 筑波大学附属病院水戸地域医療教育センター教授

■執筆者一覧
水主川純  東京女子医科大学産婦人科教授
長坂安子  東京女子医科大学麻酔科主任教授
山本偉   東京女子医科大学麻酔科助教

トピックス