看護学臨地実習ハンドブック
-基本的考え方とすすめ方- 第5版

    定価 4,070円(本体 3,700円+税10%)
    監修松木光子
    大阪大学名誉教授/日本赤十字北海道看護大学名誉学長・名誉教授
    編著宮地緑
    元大阪府病院協会看護専門学校副学校長
    B5判・228頁
    ISBN978-4-7653-1724-5
    2017年09月 刊行
    【 在庫状況 】
    在庫僅少

    電子書籍書店で購入

    購入数

    臨地実習指導者向けの数少ない指導書。実習指導者、看護教員必携の一冊。

    内容紹介

    臨地実習は看護師養成の課程において必須の事項であり、看護実践能力を育てるうえでもっとも効果的な教育技法である。指導者に対しては講義、演習、学内実習、臨地実習の方法を効果的に配置し、学生が学習を深め能力を培うこと、学生の到達度を適正に評価することが望まれる。本書は、臨地実習に関する数少ない指導書であり、カリキュラムに則った考え方と実際の進め方、評価方法など、その基本を網羅している。実際に使われている評価表などの資料が多いので参考になり、指導者、教員にとっては必携の一冊といえる。

    序文

    目次

    第1章 臨地実習の基本的な考え方
    第2章 臨地実習のすすめ方
    第3章 専門分野Ⅰ 基礎看護学
    第4章 専門分野Ⅱ 成人看護学
    第5章 専門分野Ⅱ 老年看護学
    第6章 専門分野Ⅱ 小児看護学
    第7章 専門分野Ⅱ 母性看護学
    第8章 専門分野Ⅱ 精神看護学
    第9章 統合分野Ⅰ 在宅看護論
    第10章 統合分野Ⅱ 看護の統合と実践

    執筆者一覧

    中田智子 元畿央大学健康科学部看護医療学科教授
    藤原千恵子 武庫川女子大学看護学部教授
    田中恵子 大和大学保健医療学部看護学科教授
    細田泰子 大阪府立大学大学院看護学研究科/地域保健学域看護学類教授
    牧野裕子 甲南女子大学看護リハビリテーション学部看護学科准教授
    河上香 東邦大学看護学部准教授
    神戸美輪子 摂南大学看護学部教授
    角野加恵子 元広島都市学園大学健康科学部看護学科准教授
    西田好江 泉佐野泉南医師会看護専門学校副学校長

    トピックス