子どものこころと脳の発達 第6巻1号

    定価 1,980円(本体 1,800円+税10%)
    大阪大学大学院大阪大学・金沢大学・浜松医科大学・千葉大学・福井大学連合小児発達学研究科
    A4判変型・53頁
    ISBN978-4-7653-1638-5
    2015年05月 刊行
    【 在庫状況 】
    在庫有り
    購入数

    内容紹介

    DSM-5のインパクト─巻頭言にかえて─
    鈴木勝昭

    総説
    自閉症スペクトラム障害研究におけるVineland適応行動尺度の有用性について
    大隅香苗、髙貝 就、辻井正次
    乳幼児の睡眠と発達
    奥村明美、髙貝 就

    原著論文
    青年期のメンタルヘルスに関する調査(1)
    ─高校生の抑うつと自殺念慮および心的外傷後ストレス症状の実態─
    小島雅彦、藤澤隆史、小泉径子、青井利哉、水島 栄、友田明美
    青年期のメンタルヘルスに関する調査(2)
    ─エゴ・レジリエンスおよび心的外傷後成長のメンタルへルスとの関係─
    小島雅彦、藤澤隆史、小泉径子、青井利哉、水島 栄、友田明美

    症例報告
    レット症候群における合目的的な手の使用の形成─2症例の報告─
    平本厚美、井上雅彦、髙貝 就

    論文抄読
    Default mode network in young male adults with autism spectrum disorder: Relationship with autism spectrum traits(安静状態の脳活動パターンが自閉症スペクトラム傾向に関与している)
    小坂浩隆

    略語解説

    序文

    目次

    執筆者一覧

    トピックス