子どものこころと脳の発達 第4巻1号

    定価 1,980円(本体 1,800円+税10%)
    大阪大学大学院大阪大学・金沢大学・浜松医科大学・千葉大学・福井大学連合小児発達学研究科
    A4判変型・80頁
    ISBN978-4-7653-1580-7
    2013年09月 刊行
    【 在庫状況 】
    在庫有り
    購入数

    内容紹介

    特集「子どものこころの発達研究センター」によせて
    鈴木勝昭

    特集 発達研究センターの活動紹介
    大阪大学子どものこころの発達研究センターの活動について
    谷池雅子、他
    金沢センターにおいて成し遂げようとしていること
    棟居俊夫
    浜松医科大学子どものこころの発達研究センターについて
    髙貝 就、他
    千葉大学大学院医学研究院子どものこころの発達研究センターについて
    中里道子、他
    福井大学子どものこころの発達研究センターについて
    松﨑秀夫、他

    総説
    ビスフェノールAの周産期曝露動物は発達障害および精神疾患のモデルとなりうるか?─行動ならびに脳内モノアミン代謝からみた考察─
    佐二木順子、他
    発達障害児・者の感覚刺激への反応異常の評定─Sensory Profileについて─
    梅田亜沙子、他

    原著論文
    子どもの行動上の問題の評価における保護者と教師の乖離
    櫻井典啓、他

    論文抄読
    Perinatal exposure to bisphenol A enhances contextual fear memory and affects the serotoninergic system in juvenile female mice.
    佐二木順子、他

    略語解説

    序文

    目次

    執筆者一覧

    トピックス