脳21 Vol.16 No.4

  • 絶版
定価 2,750円(本体 2,500円+税10%)
A4判変型・122頁
ISBN978-4-7653-1585-2
2013年10月 刊行
【 在庫状況 】
品切
購入数

内容紹介

■お知らせ■
季刊誌『脳21』は2016年をもちまして休刊となりました。詳しくはこちらをご覧ください。


特集にあたって 脳とトランスポートソーム
金井好克

特集1 トランスポートソーム:トランスポーター・チャネル群の相互作用に基づく神経系の機能構築
企画 金井好克

シナプスを形成するばかりじゃない―δ2型グルタミン酸受容体とCbln1による新しいシナプス可塑性機構
掛川 渉、幸田和久、柚崎通介
神経伝達物質放出を支えるCa2+チャネルとシナプス小胞を繋ぐ動的複合体
平野 満、中尾章人、森 誠之、森 泰生
リアノジン受容体を介するチャネル共役による神経機能
竹島 浩
内耳機能を支えるチャネル・トランスポーター群の共役機構
日比野 浩、任 書晃、倉智嘉久
セプチンによるドーパミン神経伝達機構の制御
木下 専、上田(石原)奈津実
血液脳関門トランスポートソームの定量的絶対発現プロファイル:動物種間、系統間、野生型‐遺伝子欠損マウス間の相違性と類似性
内田康雄、立川正憲、星 裕太朗、寺崎哲也

特集2 中枢神経のトランスポーター・チャネル:新たな創薬標的として
企画 金井好克

抗うつ薬の作用メカニズム:最近の知見
小林克典
精神神経疾患とグルタミン酸神経伝達:基礎医学的観点から
田中光一
精神疾患とグルタミン酸神経伝達:臨床的観点から
石渡小百合、西川 徹
新規AMPA型グルタミン酸拮抗薬 ペランパネル
花田敬久
PETが捉える脳のトランスポーターと病態
木村泰之、山田真希子、須原哲也
分子イメージングによる血液脳関門の薬物トランスポーターの機能評価
河村和紀、山崎友照
「Hot Gene」
CDKL5/DiGeorge syndrome chromosomal region 8 (Dgcr8)
石川保幸
Trnp1/Thbs4
山岸 覚

脳の科学Up Date
iPS細胞関連の最新の知見
加藤英政
海外ラボ便り
新たな学問体系の確立を目指して
田村英紀
第20回カテコールアミンと神経疾患研究会
●特別講演
The neurology of the reticular system with special reference to the motor system
Philip Thompson,PhD
●招待講演
ヒトでの神経可塑性の誘導とドーパミン
宇川義一
●一般講演

序文

目次

執筆者一覧

トピックス