完全鏡視下肺葉切除術

右上葉切除術

    定価 19,800円(本体 18,000円+税10%)
    編集宮本好博
    国立病院機構姫路医療センター呼吸器センター外科
    A4判
    ISBN978-4-7653-1419-0
    2010年04月 刊行
    【 在庫状況 】
    在庫有り

    電子書籍書店で購入

    購入数

    内容紹介

    胸腔鏡を用いた肺癌の手術は低侵襲で、患者さんに有益であることに疑問の余地はありませんが、さらに完全鏡視下手術であれば外科医にとっても極めて有用なものとなります.それは、術中の視覚情報を完全な形で記録することができるからです.そのビデオを繰り返し見ることによって手術時には気づかなかった問題点を発見することもできれば、いっそう洗練された手術にするためのアイデアも湧いてきます.

    肺葉切除術は術式としては単純のように見えても症例によって難易度に大きな差があり、どんなベテラン呼吸器外科医であっても手術当日にはいくらかの不安を抱くものです.また、難症例においては常に思考はフル回転、そしてともかく難局を切り抜けてゆかねばなりません.そのための訓練に手術ビデオはうってつけでしょう.

    しかし、編集された手術ビデオは鮮やかに見えても、本当に見たいところが見事にカットされていることも少なくありません.そこで、このDVDはともに考えながら手術を追体験していただけるよう、カメラのクリーニング(この映像は目が回ります)、ステープルの装填待ち(ビデオで20秒以上の静止時間はいらいらします)などを除いてノーカットです.術者として見せたくない場面も多々ありますし、ビデオが長くなり集中力を保つのが難しく感じることもあるかもしれませんが、上記のような理由ですのでご了承ください.

    各巻にはひとつの肺葉切除について、標準的な症例とやや難しい症例の2症例が収録されています.第一巻には胸腔外の手や道具の動きを同時に映したビデオ(右下切)が含まれています.各症例は肺葉切除完了までが記録されており、縱隔郭清は別巻で提供されます.

    胸腔鏡下肺葉切除術には様々なアプローチやスタイルがあり、それぞれの長所と短所があるでしょう.我々の手術スタイルは、執刀者のいわゆるsolo surgeryではなく、術者と助手の4本の手が協調しながら進めてゆくというのが最大の特徴です.それで、繰り返しビデオをご覧になるときは術者の左手、助手の右手あるいはほとんど視野に現れない左手というふうに一本の手に注目して見ていただければより理解が深まるでしょう.また、そうすればこの手術にまだまだ改善の余地があることにも気づかれるでしょう.

    このDVDがこれからVATS Lobectomyに取り組もうとしておられる方のみならず、開胸で肺葉切除を行なっておられる方、またすでに定まった型でVATS Lobectomyを行っておられる方にとっても少しでもお役に立てることを願っております.

    (DVDまえがきより)

    序文

    目次

    執筆者一覧

    トピックス