補完・代替医療

芸術療法

    定価 1,980円(本体 1,800円+税10%)
    星野良一
    医学博士/紘仁病院
    A5判・110頁
    ISBN978-4-7653-1259-2
    2006年09月 刊行
    【 在庫状況 】
    品切
    購入数

    内容紹介

    芸術療法とは、精神医学の重要な治療技法である精神療法を補完・代替する治療技法である。本書では絵画療法を中心に、造型療法、コラージュ療法、心理劇、箱庭療法、詩歌療法などをとりあげ、用具と施行法、適用となる対象、適用注意の対象、解釈と作用機序、治療者の役割について解説した。

    また、描画解釈では、著者自身が関与した症例を提示して詳細に解説し、作品の表現から病理性やクライエントのこころの動きを読み取る表現精神病理学に寄与する病跡学もわかりやすく解説している。
    さらに、難解な精神医学や心理学の用語については本文中随所にコラムとして用語解説の欄を設けて内容をよりわかりやすく、かつ理解しやすくなるよう試みた。
    クライエントには本書が自己治療に役立ち、治療者にとっては芸術療法と精神療法への造詣のみならず、深い関心と知識を提供する書としてお薦めする。

    序文

    目次

    1.芸術療法の定義と歴史
    2.芸術療法の目的と対象となる疾患
    1 病跡学  統合失調症の病跡学/気分障害の病跡学
    3.芸術療法の技法、用具
    1 絵画療法
    2 造型療法
    3 コラージュ療法
    4 詩歌療法
    5 箱庭療法
    6 心理劇
    4.芸術療法の作用機序
    5.精神療法としての芸術療法の意義
    6.芸術療法、絵画療法の問題点

    執筆者一覧

    トピックス