図書目録
基礎医学
基礎医学
臨床医学:基礎系
臨床医学:一般
臨床医学:内科系
臨床医学:外科系
医学一般
衛生・公衆衛生学
医療技術
看護学
保健・体育
栄養学
薬学
歯科学
雑誌
シリーズ

基礎医学 基礎医学関連科学 臨床医学:基礎系 臨床医学:一般 臨床医学:内科系 臨床医学:外科系 医学一般 衛生・公衆衛生学 医療技術 看護学 保健・体育 栄養学 薬学 歯科学 雑誌 シリーズ


バーンスタイン医師の糖尿病の解決
正常血糖値を得るための完全ガイド
第4版 日本語版
       

著 リチャード・K・バーンスタイン
訳 柴田寿彦 総合病院南生協病院名誉院長

発行:メディカルトリビューン
発売:金芳堂

A5判・482頁
定価(本体5,800円+税)
ISBN978-4-7653-1674-3


購入数

糖質制限食と血糖値の正常化で糖尿病を克服した生き証人、人生をかけた糖尿病ガイド!
本書は1997年5月に初版が刊行され、今までの糖尿病治療を覆す内容から全米では大きな反響をよび、ベストセラーとなった。日本語版は2005年原著2版を刊行、読者の声に応えて第3版を刊行し、このたび第4版がついに刊行―。
12歳の時に1型糖尿病と診断され多くの合併症に苦しんできたバーンスタイン医師は自らの体を実験台にしながら、厳格な血糖コントロールの方法を探す。のちに彼は医師となり、糖尿病治療に取り組み、「小さな数の法則」にたどりつく。それは、血糖値に大きく影響を与える炭水化物を厳しく制限し、その分を蛋白質で補う食事療法である。本書では、その方針に沿った具体的な食事の方法や摂ってはいけない食品をはじめ治療薬の使い方なども事こまかに解説されている。
●血糖値に大きく影響を与える炭水化物を制限し、その分を蛋白質で補う食事療法
●その方針に沿った具体的な食事の方法や摂ってはいけない食品
●治療薬の使い方など・・・・糖尿病治療のコツがぞくぞく


書評

氏の生き様が詰まった書

《評者》高雄病院理事長 江部 康二

2007年にDr.Bernstein's Diabetes Solution(第3版)が出版され,その後糖尿病治療において新しい発展があり,2011年にDr.Bernstein's Diabetes Solution(第4版)が改訂出版された。本書はその訳本であり,新型のインスリン注射薬,DPP-4阻害薬,インクレチン関連注射薬などの解説も追加してありバージョンアップしている。

(つづきはMedical Tribune誌上でお読みください(一般公開中))

第1部 はじめに
第1章 糖尿病とは:その基礎について
第2章 検査法:糖尿病とその危険度(risk profile)に関する基礎的検査法
第3章 糖尿病に関する器具類:必要な資材とそれらの入手法
第4章 血糖値を測定する方法とそのタイミング
第5章 血糖測定値の記録:GlucografVのデータ記録用紙を利用する
第6章 不可解な生物学:血糖値に影響を与える糖尿病患者特有の現象
第7章 少ない数値の法則
第8章 治療計画の立案:基本的な治療計画とその立てかた

第2部 治療
第9章 基本的な食品群
第10章 すべての糖尿病患者の治療に不可欠な食事のガイドライン
第11章 個別の食事計画を立案する
第12章 体重減少─体重が過剰な場合
第13章 炭水化物渇望や食べ過ぎを抑制する方法
第14章 インスリン感受性を高め,老化を遅らせるための運動療法
第15章 インスリン感受性を改善する経口薬,インスリン類似薬,
および選択の対象になるその他の薬剤
第16章 インスリン:自己注射の基礎
第17章 各種のインスリンに関する重要な情報
第18章 単純なインスリン処方
第19章 強化インスリン療法
第20章 低血糖の予防と是正
第21章 脱水症,脱水になりやすい疾患,および感染症への対策
第22章 胃からの排泄遅延:胃麻痺
第23章 医師への定期受診
第24章 ほとんど正常な血糖値から何が期待できるか

第3部 付録
付録1 広く宣伝されている食物中の脂肪,蛋白質,および塩分の制限,並びに最近の高線維食の流行をどのように受け止めていますか?
付録2 糖尿病患者のフットケア
付録3 多嚢胞性卵巣症候群