診療放射線技師 国家試験対策全科
第14版

  • 新版
定価 9,460円(本体 8,600円+税10%)
編著西谷源展
京都医療科学大学名誉教授
遠藤啓吾
京都医療科学大学学長
赤澤博之
京都医療科学大学講師
B5判・566頁
ISBN978-4-7653-1894-5
2022年03月 刊行
【 冊子在庫 】
在庫有り

電子書籍書店で購入

購入数

国家試験対策に必要な知識、全科目・全領域を網羅した1冊

内容紹介

本年度(2022年4月)からの新カリキュラムに沿って必要な項目を追加。診療放射線技師の国家試験対策に必要な知識、全科目・全領域を網羅した1冊。授業内容や校内試験の予復習・重点学習にも活用できる。校内試験などで不得意な分野があれば集中学習も可能。

序文

診療放射線技師法は診療エックス線技師法として昭和26年6月に制定され、翌年の昭和27年(1952年)4月に施行されている。昭和43年(1968年)に現在の診療放射線技師法となっている。診療放射線技師法は制定されてすでに70年という歴史を刻んできた。その間に医療における診療放射線技術は大きく進歩し、学問として学ぶ分野が広くなりこの資格を得るための勉学も大きく変化してきている。

私は書籍の歴史を知るのに書籍の最終ページに掲載されている奥付を見る。これによっていつごろから発行され、どのように改訂されているかを知る。本書は昭和53年(1978年)に初版が発行されており、44年目となる。その間には国家試験科目の増加や内容の変化に対応できるように著者の選定など改訂のたびに検討をしている。内容については常に診療放射線技師国家試験出題基準に合致したものであることを念頭にして執筆している。

近年の国家試験の合格率は平成30年(第71回)79.2%、令和2年(第72回)82.3%、令和3年(第73回)74.0%となっている。合格率から見れば決して高い合格率ではない。本来であれば所定の科目を履修しておればすべての受験者が合格できると思われるが、不合格者が出ることは残念でならない。

今回改訂の本書は、診療放射線技師国家試験出題基準に準拠して執筆している。また、令和3年改正された「診療放射線技師法」に対応している。そのほかにBNCTなどの新しい技術やここ数年医療界で問題となっている新型コロナウィルスについても記述している。

次年度の受験生については、国家試験対策として取り組むため2~3か月間の短期間ではなく1年間を使用して、これまでの勉強のまとめとして使用していただきたい。また将来職場に入職したときの参考書としても永く使用してほしい。在学生については各科目の授業の参考やまとめとして日頃から利用していただければ幸いである。

読者の学生諸君には診療放射線技師を目指して勉学に励み、立派な技師として成長されることを期待している。

最後になりましたが、本書の出版並びに編集にあたり並々ならぬご尽力を賜りました金芳堂の市井輝和氏に対し、深甚なる謝意を表します。

2022年1月27日
第14版にあたって
編者しるす

目次

1章 基礎医学大要

  1. 脳の構造と機能‒1
  2. 脳の構造と機能‒2
  3. 脳血管と脳血流
  4. 脳の病気
  5. 脊椎と脊髄
  6. 末梢神経
  7. 自律神経系;交感神経と副交感神経
  8. 骨・頭部・脊椎
  9. 上肢・骨盤・下肢の骨
  10. 骨の病気
  11. 関節
  12. 関節の病気
  13. 肺・呼吸器の解剖
  14. 肺の病気
  15. 心臓の解剖・機能と病気
  16. 大血管の解剖と病気
  17. 口腔・咽頭・喉頭
  18. 食道・胃の解剖と機能
  19. 胃の病気
  20. 小腸・大腸の解剖と機能
  21. 大腸の病気
  22. 肝臓・胆囊の解剖と働き
  23. 肝臓・胆囊の病気
  24. 膵臓・脾臓
  25. 腎臓の解剖と機能
  26. 腎臓・膀胱の病気
  27. 生殖器
  28. 妊娠
  29. 内分泌‒1 脳下垂体・副腎・糖尿病
  30. 内分泌‒2 甲状腺・副甲状腺
  31. 血液・造血器・リンパ系
  32. 血液の病気
  33. 免疫による生体の防御機能
  34. 炎症・感染症
  35. 「がん」とは
  36. 生活習慣病
  37. 疾病予防とがん検診
  38. チーム医療
  39. 衛生学・公衆衛生学
  40. 覚え方

2章 放射線生物学

  1. 放射線の種類と電離作用
  2. 放射線の標的としての細胞
  3. 放射線の標的としてのDNA
  4. 放射線による細胞死と細胞生存率曲線
  5. 放射線の組織および臓器に及ぼす影響
  6. 全身被ばくによる影響
  7. 確定的影響と確率的影響
  8. 胎児の放射線影響
  9. 放射線の生物効果を修飾する要因
  10. 放射線の生物効果と放射線治療

3章 放射線物理学

  1. 単位と定数
  2. 波の性質
  3. 原子の構造と性質
  4. 原子核の構造と性質
  5. 原子核の壊変
  6. 核壊変の指数法則
  7. 自然放射性元素
  8. 人工放射性元素
  9. 制動X線の発生と性質
  10. 特性X線の発生と性質
  11. 光子(X線およびc線)と物質の相互作用
  12. 光子と物質の相互作用係数(吸収係数等)
  13. 光子線(X線およびc線)の減弱
  14. 荷電粒子(電子(b線)、重荷電粒子)と物質の相互作用
  15. 中性子と物質の相互作用
  16. 原子核反応

4章 放射化学

  1. 元素と周期表
  2. 原子核反応と放射性核種の製造
  3. 放射性核種の製造
  4. 放射平衡
  5. 放射性核種の分離法‒1 —共沈法、溶媒抽出法、イオン交換法、ミルキング—
  6. 放射性核種の分離法‒2 —クロマトグラフィー、その他の方法—
  7. 放射性標識化合物
  8. 放射性同位体の化学分析への利用
  9. 放射性同位元素のトレーサー利用

5章 医用工学

  1. 電磁気の単位
  2. 直流回路
  3. 直流の測定回路
  4. 静電気
  5. 電流と磁気
  6. 電流と磁界の相互作用
  7. 電磁誘導
  8. 正弦波交流
  9. 交流回路
  10. 三相交流
  11. 過渡現象
  12. 半導体‒1
  13. 半導体‒2
  14. 集積回路(IC)
  15. 電子回路‒1
  16. 電子回路‒2
  17. 電磁気現象と生体
  18. 電気計器
  19. 諸効果・法則と単位

6章 診療画像機器学(X線)

  1. 医用X線装置の構成
  2. 医用X線管
  3. X線管の動作特性と故障
  4. 高電圧発生装置
  5. 整流方式
  6. X線制御装置
  7. X線管の定格と許容負荷
  8. 電源設備
  9. X線発生装置に関するJIS規格
  10. 自動露出制御装置
  11. X線TVシステム
  12. コンピューテッド・ラジオグラフィ(CR)装置
  13. X線平面検出器
  14. 特殊撮影装置
  15. CTの概要と装置構成
  16. CTのデータ収集方法
  17. CTの画像再構成と性能評価
  18. 骨密度測定装置

7章 X線撮影技術学

  1. 画像診断における診療放射線技師の役割と義務
  2. X線撮影の基本
  3. X線撮影の種類
  4. 体位と撮影方向
  5. 撮影用具と必要な条件
  6. 胸部・腹部単純撮影
  7. 頭部単純撮影
  8. 脊椎単純撮影
  9. 仙骨、尾骨、骨盤単純撮影
  10. 胸郭単純撮影
  11. 上肢単純撮影
  12. 下肢単純撮影
  13. 股関節、乳幼児股関節単純撮影
  14. 産婦人科領域の腹部単純撮影、骨盤計測撮影
  15. マンモグラフィ
  16. 消化管造影検査
  17. その他のX線造影検査
  18. 血管造影・IVR(インターベンショナルラジオロジー)
  19. X線CT検査

8章 診療画像検査学

  1. MRIの原理
  2. MRI装置の構成
  3. MRIの撮像原理
  4. MRIの撮像シーケンス(パルスシーケンス)
  5. アーチファクト
  6. MRIの造影剤と検査
  7. MRI検査の実際
  8. MRIの安全性
  9. 超音波画像診断装置
  10. 画像表示モードと臨床的活用
  11. 超音波分野における関係式
  12. 超音波検査の実際
  13. 眼底検査法

9章 画像工学

  1. アナログX線画像
  2. 現像処理
  3. ドライイメージャ(ドライプリンタ)
  4. 写真における諸効果
  5. 画像のデジタル化
  6. デジタルX線画像
  7. 入出力変換特性
  8. 鮮鋭度(解像特性)
  9. 粒状性(ノイズ特性)
  10. 画像の主観的な評価
  11. デジタル画像処理

10章 医療画像情報学

  1. 論理代数と情報の表現
  2. 論理回路
  3. コンピュータの基礎
  4. 医療情報

11章 放射

  1. 放射線の単位と用語
  2. 照射線量の測定
  3. 線量計の校正と補正
  4. 吸収線量の測定
  5. 固体線量計
  6. 化学線量計
  7. GM計数管
  8. 比例計数管
  9. シンチレーション検出器
  10. 半導体検出器
  11. X線エネルギーの測定
  12. c線エネルギーの測定
  13. a、b線エネルギーの測定
  14. 放射能の絶対測定と相対測定
  15. 中性子の測定
  16. 計数の統計処理
  17. 被ばく線量測定器
  18. 放射線環境測定器
  19. 測定に必要な計算例題

12章 核医学検査技術学

  1. 診療放射線技師の役割と義務
  2. 放射性医薬品
  3. 主な放射性医薬品の特性と用途
  4. 核医学測定装置(ガンマカメラ)
  5. 核医学測定装置(SPECT装置)
  6. 核医学測定装置(PET装置)
  7. 試料測定装置
  8. その他の測定装置
  9. 体外計測検査法
  10. 脳神経シンチグラフィ
  11. 甲状腺・副甲状腺シンチグラフィ
  12. 肺シンチグラフィ
  13. 心機能・心筋シンチグラフィ
  14. 肝シンチグラフィ
  15. 肝胆道シンチグラフィ、その他の消化器系検査
  16. 腎シンチグラフィ
  17. 骨・関節シンチグラフィ
  18. 副腎シンチグラフィ、RI
  19. 腫瘍シンチグラフィ
  20. PET検査
  21. 放射性同位元素(RI)内用療法

13章 放射線治療技術学

  1. 診療放射線技師の役割と義務
  2. 放射線治療学総論
  3. 集学的治療
  4. 時間的線量配分
  5. 各種放射線とその特徴
  6. 直線加速装置
  7. 高精度放射線治療装置
  8. 治療計画装置
  9. 放射線治療の補助器具・装置
  10. 密封小線源治療装置
  11. 放射線治療の保守管理
  12. 出力線量の測定法
  13. 線量計算に必要な因子
  14. 投与線量の空間分布
  15. 放射線治療の実際の流れ
  16. 外部照射術式と線量分布
  17. 放射線療法(Radiation
  18. 陽子線治療・重粒子線治療
  19. ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)
  20. 放射線治療における有害事象

14章 医療安全管理学

  1. 医療におけるリスクマネジメント
  2. 造影剤と医療安全
  3. 医療における健康被害患者側(~サイド)

15章 放射線安全管理学

  1. ICRPの放射線防護の基本概念
  2. 診療放射線技師法
  3. 届出(医療法施行規則)
  4. X線装置の防護及びX線の遮へい計算(医療法施行規則)
  5. 診療用高エネルギー放射線発生装置等の防護及び使用室の遮へい計算(医療法施行規則)
  6. 装置、器具の使用室(医療法施行規則)
  7. 診療用放射性同位元素使用施設及び遮へい計算等(医療法施行規則)
  8. 管理者の義務(医療法施行規則)
  9. 医療法に定める放射線利用の管理体制
  10. 放射性同位元素等の規制に関する法律
  11. 電離放射線障害防止規則(電離則)
  12. 防護量と実用量
  13. 環境の管理
  14. 個人の管理
  15. 医療被ばく
  16. 表面汚染の管理(汚染除去法)
  17. 廃棄物処理法
  18. 放射性同位元素の安全取扱い
  19. 放射性同位元素取扱い施設
  20. 給気・排気(換気)・排水設備
  21. 事故対策
  22. 医療法施行規則(抄)
  23. 診療放射線技師法(抄)

日本語索引
外国語索引

執筆者一覧

■編著
西谷源展  京都医療科学大学名誉教授
遠藤啓吾  京都医療科学大学学長
赤澤博之  京都医療科学大学医療科学部放射線技術学科講師

■執筆者一覧(執筆順)
遠藤啓吾  京都医療科学大学学長
柴田登志也 京都医療科学大学医療科学部放射線技術学科教授
渡邊祐司  京都医療科学大学医療科学部放射線技術学科教授
佐藤芳文  京都医療科学大学名誉教授
澤田晃   京都医療科学大学医療科学部放射線技術学科教授
屋木祐亮  京都医療科学大学医療科学部放射線技術学科助教
齊藤睦弘  京都医療科学大学名誉教授
佐藤敏幸  京都医療科学大学医療科学部放射線技術学科教授
赤澤博之  京都医療科学大学医療科学部放射線技術学科講師
笠井俊文  京都医療科学大学医療科学部放射線技術学科教授
向井孝夫  京都医療科学大学名誉教授
木村千里  元帝京大学医療技術学部診療放射線学科講師
石井里枝  徳島文理大学保健福祉学部診療放射線学科准教授
井戸靖司  中部国際医療センター放射線技術部統括部長
小田敍弘  京都医療科学大学名誉教授
桑原奈津美 京都医療科学大学医療科学部放射線技術学科助教
小嶋健太郎 京都府立医科大学眼科学教室学内講師
杜下淳次  九州大学大学院医学研究院保健学部門教授
西谷源展  京都医療科学大学名誉教授
田畑慶人  京都医療科学大学医療科学部放射線技術学科准教授
石垣陸太  京都医療科学大学医療科学部放射線技術学科准教授
山田勝彦  京都医療技術短期大学名誉教授
松本圭一  京都医療科学大学医療科学部放射線技術学科准教授
霜村康平  京都医療科学大学医療科学部放射線技術学科講師
矢野慎輔  京都大学医学部附属病院放射線部主任診療放射線技師
河村正   京都医療科学大学名誉教授
安井啓祐  藤田医科大学医療科学部放射線学科講師
秋田和彦  大阪医科薬科大学関西BNCT共同医療センター技師長
大野和子  京都医療科学大学医療科学部放射線技術学科教授
松尾悟   京都医療科学大学医療科学部放射線技術学科教授

トピックス