脳21 Vol.19 No.1
「依存症の分子病態解析」「成人の統合失調症」

  • 絶版
定価 2,750円(本体 2,500円+税10%)
A4判変型・92頁
ISBN978-4-7653-1665-1
2016年01月 刊行
【 在庫状況 】
品切
購入数

内容紹介

■お知らせ■
季刊誌『脳21』は2016年をもちまして休刊となりました。詳しくはこちらをご覧ください。


特集にあたって 依存症の分子病態解析
鈴木 勉

特集1 依存症の分子病態解析
企画……鈴木 勉

報酬系にかかわる受容体と薬物依存
曽良一郎、菱本明豊
GIRKチャネルと薬物依存
高松幸雄、池田和隆
薬物依存におけるプロテアーゼシステムの役割
永井 拓、山田清文
In vivo PKA/ERK イメージングと薬物依存
船曳和雄
Gliaと薬物依存
芝崎真裕、古谷絵茉里、成田 年
コリン作動性ニューロンの可塑性と薬物依存
金田勝幸、上居寛典、田岡直史、篠原史弥、南 雅文
薬物依存関連分子Shati/Nat8lとPiccoloについて
新田淳美、宇野恭介、鍋島俊隆、宮本嘉明
危険ドラッグの有害作用:依存性と細胞毒性
舩田正彦

特集2 成人の統合失調症
対話重視でのぞむ統合失調症薬物療法の展望
―今ここで良好な治療関係を築くために理念を活かす―
趙 岳人

リカバリーを目指す治療戦略
丹羽真一
統合失調症治療における持続性注射剤のエビデンスと役割
池田俊一郎、木下利彦
社会参加を目指した統合失調症治療
肥田裕久
統合失調症治療におけるクリニカルパスの有用性
藤田 潔
「Hot Gene」
Fbxw7/Smaug2
石川保幸
NELL2/ƞ -Secretase (MT5-MMP)
山岸 覚

「脳の科学 Up Date」
大きさ恒常性の神経メカニズム
田中慎吾
「海外ラボ便り」
困難の中に、機会あり―カナダでの新たな一歩―
高橋秀人
「私の研究エポック」
チンパンジーとの出会い
松沢哲郎
「脳研究の散歩道 10」
寄り道、わき道、複車線 ~研究者のキャリアパス~
吉峰俊樹

序文

目次

執筆者一覧

トピックス