人体解剖学ノート
第8版

    定価 4,070円(本体 3,700円+税10%)
    清木勘治
    東海大学名誉教授
    B5判・281頁
    ISBN978-4-7653-1631-6
    2015年04月 刊行
    【 在庫状況 】
    在庫有り

    電子書籍書店で購入

    購入数

    内容紹介

    人体のなりたちを扱う学問分野のことを解剖学または形態学というが、看護・臨床検査・理学的検査(X線、MRI、CTなど)・保健体育など将来コメディカル分野の仕事にたずさわる人にとって、解剖学を理解しておくことは医師に劣らず重要である。
    本書はコメディカルの分野に向う人々のために解剖学の膨大な知識量をできるだけ整理し圧縮したものである。すなわち、人体のなりたちの骨組みを簡明かつ正確にまとめあげているので、多くの人々が短い時間で人体のあらましを習得できるよう作られている。そのため本文は挿図を説明する程度にとどめ、本文と図が一目で対照できるように配列した。

    今回の改訂では、全章に亘って各器官系の形態と機能および病態・生理的な側面のみでなく、日常の臨床に役立つ新しい知見を随所に盛り込まれた。
    また、読者諸氏および実際に看護・臨床検査・柔道整復などの教育現場で講義・実習指導しておられる諸先生方からの御意見を参考にさせていただき、充実した内容となった。

    序文

    目次

    1章 総論
    2章 発生学
    3章 骨格系
    1.総論
    2.各論
    4章 筋(肉)系
    1.総論
    2.各論
    5章 脈管系
    6章 消化器系
    7章 呼吸器系
    8章 泌尿生殖器系
    1.泌尿器
    2.生殖器
    9章 内分泌腺
    10章 神経系
    1.総論
    2.末梢神経
    3.中枢神経
    4.神経路(伝導路)
    11章 感覚器
    12章 免疫系

    執筆者一覧

    トピックス