元素からみた生化学

    定価 4,180円(本体 3,800円+税10%)
    中野稔
    戸恒博子
    手老省三
    池上雄作
    B5判・243頁
    ISBN978-4-7653-1465-7
    2011年10月 刊行
    【 在庫状況 】
    在庫有り
    購入数

    生化学を元素から説く―化学音痴を自称する人でも大丈夫!どこから読んでも面白い!

    内容紹介

    ヒトは食物から栄養をとる。その食物の元素がヒトの元素となる。本書はこの元素に着目し、ここから生化学を説く。通常、生化学書はタンパク質、糖質、脂質という体系で述べられ、その複雑な構造から特に初学者には難しい印象を与える。高校の化学の教科書のように元素から入るという、従来とは違う視点で生化学をとらえると、新しい理解に結びつく。

    老化に関与する活性酸素を体系的に述べたり、酸素が関与する発光で、著者(中野稔)が開発したウミホタルルシフェリン誘導体とスーパーオキシド(活性酸素の一種)の反応による発光、下村脩氏のオワンクラゲの発光など興味深い記述も収める。
    初版が出版される前、医学専門紙に連載されていたが、開業医でこの記事を切り取って勉強されている方がおられた。化学音痴を自称する人でも全然大丈夫!楽に学べる。どこから読んでも面白い。生化学を熟知している著者だからこそ、生き生きと、わかりやすく説くことができる。
    学問は今日、もはや狭い一領域だけで発展することはできない。元素を知ることで広い領域の知識を吸収することが可能となる。医系、生物系、理工系、栄養、農学等を志すすべての学生必読!

    序文

    目次

    1章 序論
    2章 水素
    3章 炭素
    4章 窒素
    5章 酸素
    6章 リン
    7章 硫黄
    8章 ハロゲン
    9章 セレン
    10章 アルカリ金属元素
    11章 マグネシウムとアルカリ土類金属元素
    12章 遷移元素
    13章 亜鉛と12族元素

    執筆者一覧

    トピックス