1週間で学ぶ新生児学
第3版

    定価 2,860円(本体 2,600円+税10%)
    河井昌彦
    京都大学医学部小児科准教授
    B5判・105頁
    ISBN978-4-7653-1456-5
    2010年11月 刊行
    【 在庫状況 】
    品切
    購入数

    内容紹介

    小児科の研修医の方たちに、ぜひ知っておいてほしい新生児の知識を、1週間で学ぶというスタイルで提示。

    序文

    目次

    第1日(月曜日)新生児の特殊性を学ぼう
    1.子宮内生活から子宮外生活へ
    2.低出生体重児、早産児の特徴を知ろう
    第2日(火曜日)新生児に独特な診察・検査方法
    3.新生児の診察のしかたを知ろう
    4.新生児特有の採血方法
    5.頭部超音波検査
    第3日(水曜日)仮死の蘇生
    6.新生児仮死の病態
    7.アプガースコア
    8.蘇生の実際
    9.蘇生の流れ
    10.胎便による羊水混濁のある場合の蘇生法
    第4日(木曜日)新生児期に見られる代表的な疾患
    11.新生児期に呼吸不全を呈する疾患
    12.低血糖
    13.黄 疸
    14.新生児期の細菌感染症
    第5日(金曜日)他科との連携を要する病態
    15.基礎疾患を有する母親から出生した児
    16.子宮内感染症
    17.外科疾患
    18.DOHaDとは?
    まとめ(週末)1週間の研修を終えて
    19.新生児を救急外来で診察する場合に絶対に見落としてはならない病態
    20.特に内科医になる先生に知っておいて欲しい“母乳と薬剤”に関する知識
    21.医師として、ひととして・・・
    略語一覧

    執筆者一覧

    トピックス