医薬研究者のための 評価スケールの使い方と統計処理

    定価 2,640円(本体 2,400円+税10%)
    奥田千恵子
    ルイ・パストゥール医学研究センター
    A5判・176頁
    ISBN978-4-7653-1303-2
    2007年06月 刊行
    【 在庫状況 】
    在庫僅少
    購入数

    内容紹介

    痛みや不安、生活能力といった一見つかみどころのない概念、癌末期のQOLや新薬による症状の軽減を、どのような言葉で評価し、どのようなプロセスで統計処理が可能な数値へと変換するのか。数値に表れないデータを統計処理が可能な数値に変換し、また、そのような評価スケールを計量心理学的に検定する手法・統計解析法を、収集したデータの統計解析法に関して、医薬研究者の視点からわかりやすく解説した。

    序文

    目次

    1.測定とは何か
    2.感覚を測る
    3.既存の評価スケールを探す
    4.新たな評価スケールを作る
    5.評価スケールの検定
    6.評価スケールを研究に用いる

    執筆者一覧

    トピックス