脳21 Vol.11 No.4
「睡眠・リズム障害の分子機構」「睡眠・リズム障害の臨床」

  • 絶版
定価 2,750円(本体 2,500円+税10%)
A4判変型
ISBN978-4-7653-1359-9
2008年10月 刊行
【 在庫状況 】
品切
購入数

内容紹介

■お知らせ■
季刊誌『脳21』は2016年をもちまして休刊となりました。詳しくはこちらをご覧ください。


睡眠・リズム障害の基礎と臨床 武田雅俊

特集
睡眠・リズム障害の分子機構  企画……武田雅俊

睡眠物質による睡眠覚醒中枢の調節機構  裏出良博
オレキシンの生理機能:睡眠・覚醒ステージの安定化機構  桜井武
ナルコレプシーの病因遺伝子研究  本多 真
睡眠と生体リズム、概日時計の位相制御   山仲勇二郎、本間さと、本間研一
分子病態からみた睡眠呼吸障害  寺本信嗣
睡眠障害モデル動物を用いた睡眠薬の薬効評価   亀井千晃

特集2
睡眠・リズム障害の臨床  企画……武田雅俊

睡眠・リズム障害の概念と病態   杉田義郎
睡眠時無呼吸症侯群(SAS)の臨床   内村直尚
ナルコレプシーの臨床   吉田 祥、神林 崇、清水徹男
レストレスレッグ症候群の臨床   杉浦建生、井上雄一
ジェットラグ症候群の病態   伊藤敬雄
脳梗塞による生体リズム障害と慢性期における睡眠障害
竹川英宏、大門康寿、江幡敦子、平田幸一
関節リウマチ患者の睡眠障害
柱本 照、山根隆志、田中千尋、塩沢和子、塩沢俊一
生活習慣病と睡眠時無呼吸症候群   篠邉龍二郎、塩見利明
QOLを重視した睡眠薬の適正選択   山城智美、幸田幸直
モダフィニル:新しいナルコレプシー治療薬  高橋康郎

技術
ナノ薄膜技術による積層化組織モデルの構築   松崎典弥、明石満
クローニング情報 神経系での新規分子
PINK1
Dickkopf-1   石川保幸
Corl2
SK2-sh  山岸 覚
脳の科学 Up Date
神経前駆細胞の増殖と分化のコントロール
-細胞分裂軸の制御と非対称分裂-   眞田佳門
海外ラボ便り
Cleveland Clinicに留学して   桐生-瀬尾寿美子
私の研究エポック
乳児けいれんと大人のてんかん -三つ子の魂百まで-  福山幸夫

序文

目次

執筆者一覧

トピックス