図書目録
基礎医学
基礎医学
臨床医学:基礎系
臨床医学:一般
臨床医学:内科系
臨床医学:外科系
医学一般
衛生・公衆衛生学
医療技術
看護学
保健・体育
栄養学
薬学
歯科学
雑誌
シリーズ

基礎医学 基礎医学関連科学 臨床医学:基礎系 臨床医学:一般 臨床医学:内科系 臨床医学:外科系 医学一般 衛生・公衆衛生学 医療技術 看護学 保健・体育 栄養学 薬学 歯科学 雑誌 シリーズ

 
高齢者ケア「疑問すっきり」便利事典
在宅編


責任編集 阿部 芳江 山口大学大学院教授
編 前川 厚子 名古屋大学教授/阿部 智恵子 石川県立看護大学助教授
B5判・144頁
定価(本体 2,400円+税)
ISBN4-7653-1267-4
購入数

在宅高齢者ケアで日ごろ抱かれやすい疑問を分類・整理し,制度などの基本的なことから実践技術まで,実用知識をQ&A方式で解説。「知っておきたい知識・確認事項」「ケアの流れと根拠」「予防対策」「湧き出る知識の泉」などとして,関連事項・周辺事項にも触れながら,高齢者ケアの現場で活かせる知識を提供する。


●ケアにかかわる「看護」と「介護」はどのように定義されているか●在宅ケアを行ううえでのポイントは●在宅における看護の展開はどのようにすればよいの●在宅訪問時の準備と心得は●いま,なぜ介護予防が重要か●介護予防の実効を得るため,どのような取り組みが行われているか●高齢者にとって転倒予防はなぜ重大な問題か●ケアマネジャーの役割は●担当のケアマネジャーを変更したいが可能か●ケアプランと看護計画は何が違うか●ケアマネジャーの資格を取りたいけれど,どうすればよいか●高齢者の高血圧治療の留意点は●高齢者の心不全の特徴は●高齢者の心房細動では何を注意すべきか●高齢になるほどもの忘れが進むが,認知症と判定する基準は●高齢者認知症の種類とその見分け方のポイントは●アルツハイマー型認知症の経過はさまざまな印象を受けるが,個人差によるものか,合併症の影響か●最近,エンド・オブ・ライフケアという用語が使われているが,緩和ケアとは違った概念か●アルツハイマー型認知症の生存期間,死因および終末期の判定について知りたい●認知症のエンド・オブ・ライフケアはどのように行うのがよいか●認知症高齢者に対して医療施設の役割は●認知症高齢者に対する入所介護施設の役割は●家族からの質問に答えて−最近,母のもの忘れがひどいようだ。どうしたらいいのか,どこに相談すればよいか/認知症と診断された母の症状が進行し,手に負えない。どうしたらよいか教えてほしい/知らないうちにひとりで出かけたらしく,道に迷って警察から保護したと連絡を受けた/夜中に起き出し,家の中をウロウロする/最近は失禁がある。母には,つい「何をしているの?」「なんで早く言わないの」と言ってしまい,接し方がわからない/可能な限り在宅で介護したいが,どのようなサービスが受けられるか,認知症高齢者にとって効果的なサービスの利用方法とは●アクティビティとは何か●高齢者にとってのアクティビティとQOLに関係はあるか●アクティビティを実施するときの留意点は●家族はどのような支援を必要としているか●家族に支援がされないとどのようなことが起こるか●家族に対して現在はどのような支援が可能か●高齢者と家族の退院(先)に対する意思が異なる場合,どのように援助すればよいか●在宅での感染症にはどういうものがあるか●感染症をもちながら,在宅で療養するためには,どのようなケアが必要か●感染症に対するケアのポイントは●高齢者に対する歯科施策はどのような経過を経てきたか●成人,高齢者の歯科保健対策は●在宅寝たきり高齢者や障害(児)者に対する歯科保健対策は●訪問看護制度はどのように発展してきたか●医療保険と介護保険の訪問看護制度の違いは●訪問看護を受けるにはどうすればよいか●在宅酸素療法を受けている人はどれくらいいるか●在宅酸素療法を行ううえでのケアのポイントは●在宅酸素供給装置の種類にはどのようなものがあるか●高齢者にCAPDは可能か。この治療法は高齢者に向いているか●CAPD導入時の患者教育の留意点は●CAPD手技指導を行ううえでのポイントは●CAPDを行ううえで高齢者や介護者の負担を軽減するためには,どのような工夫があるか●人工呼吸療法をしている患者が在宅療法を開始するとき,どのような調整(準備)が必要か●人工呼吸器を装着したまま,お風呂には入れるか●在宅人工呼吸療法患者の災害(停電,地震など)時の対処は●身体は元気そうなのに,無気力で何もしようとしない高齢者,どのように対応したらよいか●母親と二人暮らしの統合失調症の女性,母親が入院することになったが●高齢者ヘルスケア事業運営の要点と課題は●早期退院を支援するために必要なポイントは●在宅支援で「IT」はどのように活用されているか●在宅支援で「IT」は今後どのような活用が考えられるか●睡眠呼吸障害に対して「IT」はどのように活用されているか●睡眠呼吸障害と高齢者のケアにはどのような関係があるか●睡眠呼吸障害に対して今後どのような「IT」の活用が考えられるか●介護職の資格と業務の制度的根拠は●訪問介護員(ホームヘルパー)とは●医療的ニーズの高い利用者の場合の,看護職と介護職との協働のポイントは●認知症高齢者に対する看護職と介護職の協働のポイントは●NPOによる高齢者支援の取り組みに対する制度的根拠は●NPO法人による高齢者支援の取り組みの特徴は●ほか