図書目録
基礎医学
基礎医学
臨床医学:基礎系
臨床医学:一般
臨床医学:内科系
臨床医学:外科系
医学一般
衛生・公衆衛生学
医療技術
看護学
保健・体育
栄養学
薬学
歯科学
雑誌
シリーズ

基礎医学 基礎医学関連科学 臨床医学:基礎系 臨床医学:一般 臨床医学:内科系 臨床医学:外科系 医学一般 衛生・公衆衛生学 医療技術 看護学 保健・体育 栄養学 薬学 歯科学 雑誌 シリーズ


親切な医療統計学

       

著 奥田千恵子 横浜薬科大学教授
A5判・216頁
定価(本体2,800円+税)
ISBN978-4-7653-1596-8


購入数

必要十分な統計学的知識を身につけて,論文を読んだり,医療研究を行ったりできることを目指した,初学者向けのテキスト.薬剤師国家試験対応.

1.医療研究を始めるためにまず知っておくこと
  1.1 医療統計学とは
  1.2 医療研究のデータとは
  1.3 医療研究の倫理
  1.4 基本的な統計用語
   [1] 母集団と標本
   [2] 真の値
   [3] 誤 差
   [4] 確 率
   [5] ランダム

2.医療分野の研究デザイン
  2.1 研究デザインの分類
  2.2 観察的研究の代表的デザイン
   [1] 横断的研究
   [2] ケース・コントロール研究
   [3] 前向きコホート研究
  2.3 実験的研究の代表的デザイン
   [1] パラレルデザイン
   [2] クロスオーバーデザイン
  2.4 バイアスの回避手段
   [1] さまざまなバイアス
   [2] 選択基準と除外基準の設定
   [3] マッチング
   [4] ランダム抽出
   [5] ランダム割り付け
   [6] 盲検化
   [7] 解析時におけるバイアスの回避

3.統計解析の準備
  3.1 コンピュータの利用
   [1]統計ソフト
   [2]統計ソフトを選ぶポイント
  3.2 excelの使い方
   [1]データ入力
   [2]本書で用いる統計関数
   [3]統計関数の使い方
   [4]分析ツール(データ分析)の使い方
   [5]グラフの描き方

4.データ記述のための統計−記述統計―
  4.1 記述統計とは
  4.2 連続量の要約
   [1]データの全体像を捉える
   [2]データの分布が正規分布か否か調べる
   [3]データを代表する「中心性」の指標を求める
   [4]データの散らばりを示す「ばらつき」の指標を求める
   [5]必要に応じて,データをグラフで表す
  4.3 離散量の要約
   [1]各カテゴリの度数を求める
   [2]必要に応じて,各カテゴリの割合を求める
   [3]必要に応じて,データをグラフで表す

5.データ解析のための統計−推測統計−
  5.1 推測統計で用いる基本概念
   [1]推測統計とは
   [2]母数と推定値
   [3]標準誤差
   [4]さまざまな理論的確率分布
  5.2 区間推定
   [1]信頼区間とは
   [2]信頼区間の算出
  5.3 統計学的仮説検定
   [1]帰無仮説と対立仮説
   [2]α過誤とβ過誤
   [3]P値の算出
   [4]P値と信頼区間の関係

6.推測統計で用いられるさまざまな手法
  6.1 検定の前提条件を調べる
   [1]正規性の検定
   [2]等分散性の検定
  6.2 群間でデータを比較する
   〔1〕連続量データの比較−パラメトリック検定法
    1.対応のない t 検定
    2.ウェルチの t 検定
    3.対応のある t 検定
    4.ボンフェローニ補正法−多重比較法
    5.ダネット検定−多重比較法
    6.1元配置分散分析
    7.2元配置分散分析
    ◇関連のある手法:反復測定分散分析,共分散分析
   〔2〕順序カテゴリデータの比較−ノンパラメトリック検定法
    8.マン・ホイットニー検定
    9.ウィルコクソン符号付き順位検定
    ◇関連のある手法:クラスカル・ウォリス検定,フリードマン検定
   〔3〕2値データ,および,順序のないカテゴリーデータの比較
    10.独立性のχ2検定
    ◇関連のある手法:傾向性のχ2検定,マクニマ検定,マンテル・ヘンツェル検定)
    11.フィッシャー直接確率法
    12.比率の比較−リスク比とオッズ比
  6.3 2種類の変数間の関係を調べる
   〔1〕相関分析
    13.ピアソンの相関係数
    14.スピアマンの相関係数
    ◇関連のある手法:偏相関係数
   〔2〕回帰分析
    15.線形回帰分析−2変量解析
    16.線形回帰分析−多変量解析
    ◇関連のある手法:非線形回帰分析,ロジスティック回帰分析,コックス比例ハザード回帰分析
    ◇そのほかの多変量解析:多変量分散分析,因子分析,判別分析,クラスター分析
  6.4 医療研究で用いる特殊な解析法
    17.疫学指標
    18.生存時間分析
    ◇関連のある手法:ログラン検定,コックス比例ハザード回帰分析
    19.診断法の有用性の指標
    ◇関連のある手法:ROC曲線
    20.データ数の算出
    21.非劣性検定
    22.メタアナリシス

医療研究によく用いられる各種統計ソフトに含まれる主な解析手法