図書目録
基礎医学
基礎医学
臨床医学:基礎系
臨床医学:一般
臨床医学:内科系
臨床医学:外科系
医学一般
衛生・公衆衛生学
医療技術
看護学
保健・体育
栄養学
薬学
歯科学
雑誌
シリーズ

基礎医学 基礎医学関連科学 臨床医学:基礎系 臨床医学:一般 臨床医学:内科系 臨床医学:外科系 医学一般 衛生・公衆衛生学 医療技術 看護学 保健・体育 栄養学 薬学 歯科学 雑誌 シリーズ

 
ジェンダー医学
〈高齢化=女性化〉時代に向けて

編 芦田みどり 
B5判・197頁
定価(本体 4,200円+税)
ISBN4-7653-1095-7

本書はジェンダーを1)人口学・生物学・疫学・社会学・経済学・政策学などを含む学際的アプローチ,2)女性のQOLや社会的地位の日本と他の先進諸国との国際比較,3)研究者が自由な発想のもとで研究を行いそれが政策に活かされるという研究と政策のコミュニケーション,の3つの視点を軸として「高齢化=女性化」問題の全体像を描き出し,社会的側面から重要視されるべきジェンダーの今後の課題を実証研究データに基づいて提起している.ジェンダーに関心をもつ研究者,女性に関する実証的研究に興味をもつ人への入門書あるいは啓蒙書といえる.


序章 本書の目的と構成―「ジェンダー医学」とは何か
第I 部 人口の高齢化とその問題点
はじめに
第1章 高齢化=女性化する日本社会
第2章 少子高齢化と価値観の変化

第II部 高齢化における身体的・社会的性差
はじめに
第3章 更年期からの女性の健康-老化の性差
第4章 日本人の健康寿命における性差
第5章 高齢者の健康における社会的性差
第6章 高齢者介護における性差

第III部 女性の社会的健康と社会保障
はじめに
第7章 女性の仕事,家庭,健康
第8章 労働組織のなかの女性
第9章 社会保障と女性の「市民権」
第10章 日本の社会保障と医療における性差

第IV部 女性政策の国際比較
はじめに
第11章 日本の女性政策の歴史と未来
第12章 アメリカにおける女性健康運動
第13章 EUにおける高齢化と女性の健康

第V部 性差研究の方法論と政策課題
はじめに
第14章 高齢化における性差研究と政策への関連
第15章 日本における政策課題と研究戦略