図書目録
基礎医学
基礎医学
臨床医学:基礎系
臨床医学:一般
臨床医学:内科系
臨床医学:外科系
医学一般
衛生・公衆衛生学
医療技術
看護学
保健・体育
栄養学
薬学
歯科学
雑誌
シリーズ

基礎医学 基礎医学関連科学 臨床医学:基礎系 臨床医学:一般 臨床医学:内科系 臨床医学:外科系 医学一般 衛生・公衆衛生学 医療技術 看護学 保健・体育 栄養学 薬学 歯科学 雑誌 シリーズ


重症心身障害医療と支援


編集 宮崎 修次 愛知県心身障害者コロニーこばと学園 学園長/松本 昭子 愛知県心身障害者コロニーこばと学園 副学園長
A5判・250頁 
定価(本体3,000円+税)
ISBN978-4-7653-1302-5

現在、品切れしております。
ご迷惑お掛けいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。


 重症心身障害児(者)は障害児(者)のうちで最も障害が重く,重度の知的障害・運動障害を重複しており,IQも35以下と低く,常時,基本的日常生活支援を要する.本書はこういった重度の障害への日常生活支援,医療的支援を,重症児施設や病院,研究機関の現場で実践し,蓄積してきた経験をもとに支援のノウハウを専門家の立場から具体的に述べた.
 重症児(者)の生活全般に関わる問題(食事,排泄,入浴,移動,コミュニケーションなど)である日常基本生活への支援,医療上の問題となる合併症との取り組み(呼吸障害,消化器障害,神経系,整形外科的合併症),さらに重症児(者)のリハビリテーション(理学療法,作業療法,言語聴覚療法など),その他医学的問題(栄養管理,経腸栄養,褥瘡など),社会的問題(施設入所,短期入所,通園,在宅)などについて最新の医療・療育的支援を紹介・提供した.
 重症児(者)の保護者や介護者,重症心身障害児施設ではたらく方々(医師,看護師,保育士,指導員,療法士,心理士,ケースワーカー,ボランティアなど)にお薦めの書である.

執筆者(五十音順)

麻生幸三郎 愛知県青い鳥医療福祉センター副センター長

青木 久 愛知県心身障害者コロニー発達障害研究所機能発達学部支援機器・システム研究室

石黒よし子 愛知県青い鳥医療福祉センター小児科医長

石島早苗 愛知県心身障害者コロニーこばと学園医務部ハビリテーション科作業療法士

鵜飼宏和 愛知県心身障害者コロニーこばと学園医務部ハビリテーション科理学療法士

金子満寛 (株)ジェネラス訪問看護ステーションほたる理学療法士

熊谷俊幸 愛知県心身障害者コロニー中央病院総合診療部長・臨床第5部長

小森 拓 愛知県心身障害者コロニーこばと学園診療検査科医長

筒井恵二 愛知県心身障害者コロニー運用部地域移行推進課課長補佐

中村みほ 愛知県心身障害者コロニー発達障害研究所機能発達学部高次機能研究室主任研究員

羽賀淑子 愛知県青い鳥医療福祉センター小児科部長

早川知恵美 愛知県心身障害者コロニーこばと学園医務部長

松本昭子 愛知県心身障害者コロニーこばと学園 副学園長

三浦清邦 豊田市こども発達センター小児神経科医

水野誠司 愛知県心身障害者コロニー中央病院 臨床第一部長

宮ア修次 愛知県心身障害者コロニーこばと学園 学園長

山中 勗  岡崎女子短期大学非常勤講師

1章 総 論   
 1.概念と定義
 2.歴 史
 3.疫学・発生頻度
 4.発生原因
 5.死因,予後

2章 診断と評価  
 1.評価および分類
 2.主病態
 3.動く重症児
 4.重症心身障害児(者)のQOLの評価

3章 療育的対応
 1.療育支援の基本
 2.基本的生活活動
 3.日常生活

4章 医療的取り組み
 1.神経疾患
 2.呼吸器疾患  
 3.消化器疾患
 4.摂食障害と栄養管理 
 5.整形外科疾患
 6.内科疾患 
 7.院内感染対策,予防接種 
 8.医療事故防止 
 9.救急医療 
 10.重症心身障害児(者)医療における終末期医療とインフォームド・コンセント

5章 超重症児,準超重症児
 1.超重症児とは
 2.超重症児の判定
 3.超重症児の各項目について
 4.問題点

6章 リハビリテーション
 1.総 論 
 2.理学療法 
 3.作業療法 
 4.言語聴覚療法
 5.リハビリテーション工学 

7章 社会的取り組みと重症児(者)施策の今後
 1.入 所 
 2.在宅支援 
 3.虐待児への対応 
 4.重症児(者)施策の今後