図書目録
基礎医学
基礎医学
臨床医学:基礎系
臨床医学:一般
臨床医学:内科系
臨床医学:外科系
医学一般
衛生・公衆衛生学
医療技術
看護学
保健・体育
栄養学
薬学
歯科学
雑誌
シリーズ

基礎医学 基礎医学関連科学 臨床医学:基礎系 臨床医学:一般 臨床医学:内科系 臨床医学:外科系 医学一般 衛生・公衆衛生学 医療技術 看護学 保健・体育 栄養学 薬学 歯科学 雑誌 シリーズ


DVDでトレーニング
デジタル心音図との対比で学ぶ心臓の聴診

       


山崎 直仁 高知大学老年病科・循環器科 助教
土居 義典 高知大学老年病科・循環器科 教授

B5判・186頁・DVD付き
定価(本体5,600円+税)
ISBN978-4-7653-1491-6



(通信環境により動画再生まで時間がかかる可能性があります)

■内容見本
画像をクリックすると別ウインドウが開き,見本ページをご覧いただけます。



本書のDVDにより聴診能力を向上させよう!
75症例の心音図を見ながら心音や心雑音を繰り返し聞くことで、あなたも心臓聴診の達人になれる!


本書は,心音を容易に記録・録音できるデジタル心音計により記録された心音を基に作成されており,内容は,テキスト本文と,心音を記録したDVD からなる.テキストは,基礎編と症例編の二つに分かれている.
基礎編では,心音に関して総論的な解説をしている.症例編では,75 例の心音を収録している.最初に患者の臨床情報と心音図をのせ,どのような所見があるのか? それから何が考えられるか? につき問いかけ,それに答える形式をとっている.
症例編は以下のステップで読み進めてほしい.
@まずは心音図を見ながら,DVD で実際の心音を聞く.
A自分で答えを考えたのち,次のページの解答,解説を読んで答え合わせをする.
B最後に,もう一度DVD の心音図を見ながら音を聞きなおす.
最も有効な聴診上達の方法は,心音や心雑音を心音図で見ながら耳で聴くという作業を多くの症例で繰り返すことであるが,本書では上記のステップをたどることで,これが可能となっている.

基礎編
1 心臓聴診の心構え
2 心音図の見方
3 心音について
  1 T音
  2 U音
  3 V音
  4 W音
  5 V音,W音を聴取するコツ
  6 ギャロップとは?
4 心雑音について
  1 収縮期雑音
  2 不整脈に対する収縮期雑音の反応
  3 拡張期雑音
  4 連続性雑音
  5 往復雑音

症例編
症例 1 以前から心雑音を指摘されていた76 歳,男性.
症例 2 幼少時より心雑音を指摘されていた73 歳,男性.
症例 3 心不全のために入院した80 歳,女性.
症例 4 コントロール不良の高血圧の既往のある72 歳,女性.
症例 5 起立性の動悸の訴えがあり受診した15 歳,男性.
症例 6 肥大型心筋症でフォロー中の61 歳,男性.
症例 7 以前から心臓弁膜症でフォロー中の80 歳,男性.
症例 8 慢性腎不全で血液透析中の83 歳,男性.
症例 9 心臓弁膜症があり、内科的にフォロー中の74 歳,男性.
症例10 幼少時から心雑音を指摘されている74 歳,男性.
症例11 左上腕動脈からのアプローチで冠動脈インターベンション
     施行歴がある80 歳,男性.
症例12 ミトコンドリア心筋症による房室ブロックのために,
     恒久的ペースメーカー植え込んでいる42 歳,男性.
症例13 拡張型心筋症による高度の心機能低下がある25 歳,
     男性.
症例14 僧帽弁狭窄症(MS)の手術目的に入院した80 歳,女性.
症例15 拡張相への移行が疑われる肥大型心筋症の81 歳,
     男性.
症例16 感染性心内膜炎による心臓弁膜症を生じ,
     入院した20 歳,男性.
症例17 陳旧性の心筋梗塞の既往のある76 歳,男性.
症例18 軽労作で息切れがある41 歳,男性.
症例19 心不全のために入院した68 歳,女性.
症例20 慢性腎不全のために血液透析をしている50 歳,男性.
症例21 先天性の心疾患を指摘されている60 歳,女性.
症例22 陳旧性の前壁心筋梗塞の既往を有する73 歳,男性.
症例23 長期間の高血圧の既往がある85 歳,男性.
症例24 コントロール不良の高血圧の歴が長く,
     全身に動脈硬化を認める77 歳,男性.
症例25 労作時の息切れを訴える70 歳,男性.
症例26 肺高血圧症の精査のために入院した82 歳,女性.
症例27 僧帽弁逆流症(MR)に対して生体弁置換術を
     受けた69 歳,女性.
症例28 入学時の胸部X 線写真で異常を指摘され,
     受診した16 歳,男性.
症例29 拡張型心筋症による心不全のため入院した37 歳,男性.
症例30 下壁の陳旧性心筋梗塞の既往のある90 歳,女性.
症例31 幼少時から心雑音を指摘されている56 歳,男性.
症例32 先天性の二尖弁による大動脈弁狭窄症(AS)を
     有する62 歳,男性.
症例33 急性心筋梗塞で入院した75 歳,男性.
症例34 非代償性心不全の状態で緊急入院した83 歳,男性.
症例35 長期の血液透析の歴のある72 歳,男性.
症例36 心雑音を聴取するとのことで紹介された80 歳,女性.
症例37 末期の子宮癌を有する61 歳,女性.
症例38 労作時の息切れを自覚するために受診した61 歳,女性.
症例39 梅毒の既往があり,TPHA が陽性の70 歳,男性.
症例40 心不全で入院した56 歳,男性.
症例41 心電図で完全左脚ブロック(CLBBB)を認めたために
     紹介された69 歳,女性.
症例42 重症の肺動脈性肺高血圧症の54 歳,男性.
症例43 20 歳代から,高安病(大動脈炎症候群)を
     指摘されている58 歳,女性.
症例44 未治療の高血圧歴のある61 歳,男性.
症例45 慢性肺血栓塞栓症による肺高血圧症がある36 歳,女性.
症例46 拡張型心筋症(DCM)による高度の左室収縮性低下の
     ある37 歳,男性.
症例47 PVOD(肺静脈閉塞性疾患)による肺高血圧症の38 歳,
     男性.
症例48 心房細動があるということで,紹介された61 歳,女性.
症例49 右心不全症状がある60 歳,男性.
症例50 糖尿病でインスリン治療中の36 歳,男性.
症例51 閉塞性肥大型心筋症にてフォロー中の73 歳,女性.
症例52 リウマチ性の重症僧帽弁狭窄症(MS)を有する60 歳,
     女性.
症例53 失神があり,精査目的に入院した54 歳,男性.
症例54 拡張相肥大型心筋症でフォロー中の59 歳,女性.
症例55 肥大型心筋症でフォロー中の65 歳,男性.
症例56 狭心症があり,冠動脈造影目的に入院した71 歳,男性.
症例57 感染性心内膜炎にて入院した76 歳,男性.
症例58 二次孔型の心房中隔欠損症(ASD)と診断されている
     68 歳,男性.
症例59 維持透析中の82 歳,男性.
症例60 特発性肺動脈性肺高血圧症の37 歳,女性.
症例61 狭心症に対して冠動脈バイパス術を施行した82 歳,
     男性.
症例62 αガラクトシダーゼ欠損によるFabry 病の52 歳,女性.
症例63 幼少時から心雑音を指摘されている76 歳,男性.
症例64 2:1AV ブロックのため入院した90 歳,女性.
症例65 下腿浮腫,腹部膨満感などの右心不全症状が
     増悪するために入院した71 歳,女性.
症例66 健康診断の胸部X 線写真で異常を指摘され,
     受診した34 歳,男性.
症例67 Wenckebach 型の第二度房室ブロックを有する
     75 歳,男性.
症例68 心雑音の精査のために入院した71 歳,女性.
症例69 右心不全症状がある87 歳,女性.
症例70 幼少時より先天性の心疾患を指摘されていた
     58 歳,女性.
症例71 幼少時より先天性の心疾患を指摘されている
     66 歳,女性.
症例72 息切れの精査目的に入院した77 歳,女性.
症例73 拡張型心筋症で入院中の38 歳,男性.
症例74 完全房室ブロックのため入院した82 歳,女性.
症例75 肺動脈性の肺高血圧症の精査目的に入院した
     36 歳,女性.
症例編診断名一覧