図書目録
基礎医学
基礎医学
臨床医学:基礎系
臨床医学:一般
臨床医学:内科系
臨床医学:外科系
医学一般
衛生・公衆衛生学
医療技術
看護学
保健・体育
栄養学
薬学
歯科学
雑誌
シリーズ

基礎医学 基礎医学関連科学 臨床医学:基礎系 臨床医学:一般 臨床医学:内科系 臨床医学:外科系 医学一般 衛生・公衆衛生学 医療技術 看護学 保健・体育 栄養学 薬学 歯科学 雑誌 シリーズ


亜鉛栄養治療 論文集(第1集)

       

近畿亜鉛栄養治療研究会 編
B5判・218頁
定価(本体3,000円+税)
ISBN978-4-7653-1578-4

現在、品切れ中でございます。
ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

近畿亜鉛栄養治療研究会の機関誌『亜鉛栄養治療』にこれまで掲載された論文25 編を領域疾患ごとに分類してまとめた。亜鉛欠乏患者は予想以上に多い。本書で認識を新たに!
近畿亜鉛栄養治療研究会は亜鉛の栄養治療に関する臨床研究を奨励し,さらに亜鉛栄養治療の普及,保険適用範囲の拡大等を目的として設立されたが,その機関誌『亜鉛栄養治療』が発行3周年を迎えた。これを機に記念事業の一環として,これまでの25 編の論文を領域疾患ごとに分類して書籍としてまとめた。
亜鉛は微量元素のなかでも生命の維持,健康保持に重要な役割を果たしており,多くの疾患で補充療法が必要となる。現在,世界人口の25%が亜鉛欠乏状態にあると言われているが,米国および我が国の住民調査でも高齢者の多くに亜鉛欠乏がみられ,健康寿命を延ばすためには十分量の亜鉛を摂取する必要がある。また若い世代のコンビニ症候群,亜鉛吸収を阻害するとされる薬剤は170 種以上,アスリートの亜鉛欠乏性貧血等,予想されるよりはるかに多くの亜鉛欠乏患者が存在する。本書により必須微量栄養素である亜鉛の重要性を医療者に広く知っていただきたい。

総 説
諸疾患における亜鉛測定の意義 −内科領域を中心として
生体機能における亜鉛トランスポーターの重要性 −亜鉛トランスポーターをめぐる最近の知見
なぜ亜鉛が必要なのか? −亜鉛シグナル研究の包括的考察
稀でない子どもの微量元素欠乏症 −亜鉛を中心に考える
味覚障害と亜鉛
Wilson 病に対する亜鉛治療の実際
亜鉛と消化管 −熱ショックタンパク質(HSPs) の解析から

研 究
(1)肝疾患
肝硬変の窒素代謝異常と亜鉛
慢性肝疾患治療における亜鉛投与の意義 −肝線維化における検討
亜鉛欠乏によって誘導される肝線維化のメカニズム
C型慢性肝炎におけるインターフェロン療法と亜鉛 −亜鉛製剤はインターフェロン・リバビリン療法における血球減少性副作用を抑制しうるか?
C型慢性肝疾患患者における微量金属代謝について
各種慢性肝疾患における主な微量元素(亜鉛・鉄・銅)解析とその臨床的意義
肝性脳症を伴う肝硬変患者における亜鉛投与の効果と有効投与量の検討

(2)膵疾患
膵疾患における亜鉛の有用性について

(3)腎疾患
慢性腎疾患(CKD)における亜鉛欠乏性貧血

(4)神経疾患
神経変性症における微量金属の役割, 鉄を中心に
ウィルソン病と酸化ストレス

(5)糖尿病
亜鉛錯体と糖尿病・メタボリックシンドローム

(6)皮膚疾患
アトピー性皮膚炎の亜鉛補充療法

(7)整形外科疾患
リウマチ性疾患と亜鉛
骨粗鬆症と亜鉛

(8)産婦人科疾患
妊産婦と胎児環境における亜鉛の重要性と補充療法の有用性

(9)栄養管理
経管栄養と亜鉛 −長期管理における問題点と対策

(10)測定法
生化学自動分析装置を用いた亜鉛比色測定法