図書目録
基礎医学
基礎医学
臨床医学:基礎系
臨床医学:一般
臨床医学:内科系
臨床医学:外科系
医学一般
衛生・公衆衛生学
医療技術
看護学
保健・体育
栄養学
薬学
歯科学
雑誌
シリーズ

基礎医学 基礎医学関連科学 臨床医学:基礎系 臨床医学:一般 臨床医学:内科系 臨床医学:外科系 医学一般 衛生・公衆衛生学 医療技術 看護学 保健・体育 栄養学 薬学 歯科学 雑誌 シリーズ


診断のゲシュタルトと
デギュスタシオン

       

編集 岩田健太郎
A5判・296頁
定価(本体 3,200円+税)
ISBN978-4-7653-1566-1


購入数



■執筆者一覧(五十音順)
生坂政臣  千葉大学医学部附属病院総合診療部
市來征仁  今村病院分院救急総合内科
井村 洋  飯塚病院総合診療科
岩田健太郎  神戸大学医学部附属病院感染症内科
植西憲達  藤田保健衛生大学救急総合内科
川島篤志  市立福知山市民病院総合内科
清田雅智  飯塚病院総合診療科
窪田忠夫  東京ベイ浦安市川医療センター外科
須藤 博  大船中央病院内科
高田俊彦  君津中央病院総合診療科
田中孝正  市立堺病院総合内科 
徳田安春  筑波大学水戸地域医療教育センター
中下珠緒  亀田総合病院リウマチ・アレルギー内科
成田 雅  太田西ノ内病院内科
西垂水和隆  今村病院分院救急総合内科
林 寛之  福井大学医学部附属病院総合診療部
本島新司  亀田総合病院リウマチ・アレルギー内科
本村和久  沖縄県立中部病院プライアリケア/総合内科
山中克郎  藤田保健衛生大学救急総合内科

  ゲシュタルト診断とは「見た目診断」である.診断を各要素(所見など)の構造物(ゲシュタルト)として捉え,かつ診断のプロセスをブラインドテスト(デギュスタシオン)になぞらえて,日常診療で出会う病気を疾患ごとに,その診断に使われる材料はどんなものがあるか,診断はその材料でどのように組み立てられるかがよくわかるように解説されている.従来とは異なる手法による解説で病気のイメージがよく伝わってきて,診療現場で役にたち,読んで楽しい面白い本! 初学者の診断方法の確立や思考プロセスでの新しい指針となり,さらに若い医師の基本的スキルの向上,ジェネラリスト的医療センスの向上に大いに役立つであろう.

●片頭痛 (井村 洋)
●パニック障害 (井村 洋)
●うつ状態・うつ病 (井村 洋)
●副鼻腔炎 (高田俊彦・生坂政臣)
●良性発作性頭位めまい症 (山中克郎)
●急性喉頭蓋炎 (本村和久)
●慢性閉塞性肺疾患 (徳田安春)
●肺血栓塞栓症 (林 寛之)
●モンドール病 (川島篤志)
●急性心筋梗塞 (林 寛之)
●大動脈弁狭窄症 (徳田安春)
●感染性心内膜炎 (岩田健太郎)
●タコツボ型心筋症 (植西憲達)
●虫垂炎 (山中克郎)
●総胆管結石 (西垂水和隆)
●急性膵炎 (清田雅智)
●閉鎖孔ヘルニア (窪田忠夫)
●大腸憩室炎 (西垂水和隆)
●肝硬変 (植西憲達)
●輸入脚症候群 (窪田忠夫)
●菊池病 (徳田安春)
●多発性骨髄腫 (田中孝正)
●好酸球性血管浮腫 (清田雅智)
●Spontaneous retroperitoneal hemorrhage(SRH) (清田雅智)
●偽痛風 (須藤 博)
●Crowned dens syndrome(CDS) (高田俊彦・生坂政臣)
●慢性髄膜炎 (市來征仁)
●リウマチ性多発筋痛症 (須藤 博)
●RS3PE (本村和久)
●側頭動脈炎 (須藤 博)
●副腎不全 (山中克郎)
●甲状腺中毒症 (植西憲達)
●シェーグレン症候群 (本島新司)
●脊椎関節症(炎) (本島新司)
●皮膚筋炎 (本島新司・中下珠緒)
●キャンピロバクター腸炎 (成田 雅)
●つつが虫病 (成田 雅)
●パルボウイルス感染症 (高田俊彦・生坂政臣)
●Lemierre 症候群 (川島篤志)
●腸アニサキス症 (窪田忠夫)
●成人スティル(スチル)病 (岩田健太郎)