購入数
お取り扱い書店

●TOPICS(本書の紹介記事など)

岩田健太郎先生 新刊紹介:診断のゲシュタルトとデギュスタシオン - 楽園はこちら側:

岩田健太郎先生(発売前の記事) 構成主義的診断学と、ゲシュタルト診断学 - 楽園はこちら側:

岩田健太郎先生(ツイッター)Twitter / georgebest1969

須藤博先生 診断のゲシュタルトとデギュスタシオン - H's monologue:

MT Pro “ドクターG”の診断プロセス追体験してほしい,岩田健太郎氏に聞く/新刊『診断のゲシュタルトとデギュスタシオン』に込めた思いとは?:医師のための専門情報サイト[MT Pro]:

»» Googleで本書の情報を調べる

»» Yahoo!リアルタイム検索で本書の情報を調べる

ゲシュタルト診断とは「見た目診断」である.診断を各要素(所見など)の構造物(ゲシュタルト)として捉え,かつ診断のプロセスをブラインドテスト(デギュスタシオン)になぞらえて,日常診療で出会う病気を疾患ごとに,その診断に使われる材料はどんなものがあるか,診断はその材料でどのように組み立てられるかがよくわかるように解説されている.従来とは異なる手法による解説で病気のイメージがよく伝わってきて,診療現場で役にたち,読んで楽しい面白い本! 初学者の診断方法の確立や思考プロセスでの新しい指針となり,さらに若い医師の基本的スキルの向上,ジェネラリスト的医療センスの向上に大いに役立つであろう.
上に戻る ▲
はじめに

 本書,「診断のゲシュタルトとデギュスタシオン」をかなりの自信を持ってお送りします。診療現場で役に立つことはまず間違いありません。ぼくがこんなに自信満々で「はじめに」を書くことはまず皆無でして,ぼくにとっても,これはかなり稀有な経験です。その根拠は各執筆者のゲラを読んでいて胸がドキドキ・ワクワクしてくる感情の高まりを抑えられなかったからで,およそ医学書でこのような体験をすることはほとんどないからです。執筆者のみなさんに原稿依頼を出したときは,「たぶん面白い原稿が返ってくるだろうな」と期待はしていたのですが,これほどまでとは正直,思っていませんでした。

 さて,それでは「ゲシュタルト」とは何か。これは,・・・

»» 続きを読む

上に戻る ▲
上に戻る ▲
上に戻る ▲
診断のゲシュタルトとデギュスタシオン2
診断のゲシュタルトとデギュスタシオン2
定価(本体 3,300円+税)
[編集]岩田健太郎

「診断のゲシュタルトとデギュスタシオン」の第二弾をお届けします。今回も非常によい本になったと思います。(中略)本書のゲラを読むのは,編集者として大変楽しい体験でした。「そうか,プロはこういうふうにこの病気を見ていたんだ」という「見ている視線」を追体験できるのはとても幸せなことでした。ぜひみなさんにもこの素晴らしい体験を共有していただけるよう願っています・・・「はじめに」より